経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ニューデリーの朝

11/14
佐藤のやつ、また旅行してやがる!そんな声が聞こえてきそうである。
s_PB140016.jpgs_PB140018.jpgs_PB140010.jpg
 もちろん事務所にも迷惑をかけている。旅行中に仕事が入ることも少なくないし迷惑ばかり。しかし、レギュラーの仕事で埋め尽くされていた時にはホントに旅行ができなかったこと。これは、またテレビのレギュラーの仕事なんかが入ったら旅行ができなくなること。そして、何よりもいまや旅行に関して、本も執筆し連載も持つのだから、旅行は楽しみであり仕事でもあるのだ。
 インド。
 20年ぶりくらいで来た。前回は、マジに仕事だった。約3週間。バラナシで映画「深い河」のロケに参加したのだ。帰国前にニューデリーに1泊して、映画会社の計らいで車をチャーターしてもらいインド門を見たりはしたが、ほとんど雑踏の記憶しかない。
 バラナシに行く飛行機は超低空でそこからタージマハールを見下ろしたが、豆粒とは言わないけれどメチャ小さかった。ということで、現地滞在4日間。ニューデリー、アグラ、ジャイプールというインドのゴールデントライアングルにある7つの世界遺産を中心に巡るツアーに参加した。
 13日の深夜、全日空のフライトでニューデリーに到着。20人のツアー。今日は10時から。少し早めにホテルからリクシャーに乗ってメトロに乗ってブラブラ。
 中国の人口13億人に対して、すでに12億人のインド。経済発展著しく、フォーブスなどやフォーチュンなど金持ち系雑誌に世界の富豪でどんすか乗るわけだけれども、経済格差は激しい。
 メトロの駅まで、15分のリクシャーは30ルピー。1ルピーは1円60銭。50円弱で嬉しそうな顔。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/965-aba2a366

 | HOME | 

Calendar

03 « 2017/04 » 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks