経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

カナディアンロッキー

10/1sPA020025.jpgsPA020187.jpg ということで3日かかって、バスでバンフまで来た。そして、バンフに来たら、そのホテルは酷かった。酷いホテルで2泊。外の自然は最高、ホテルは惨め。まあ、人生そんなもんさ。安いツアーだし。窓から見えるロッキー山脈。キャッスルマウンテンとかいろいろと名前はついているのだが、まー覚えられん。ヘラジカや白頭鷲も見かけたぜ。鹿なんか山ほどいたぜ。熊はいなかったぜ。 そして、メインのレイクルイーズ。真っ青な湖の向こう岸には氷河、そして青空という対比がきれいなところなのだが、残念雲がかかっていて、ごらんのごとく。他にもバンフ国立公園内のボウ湖やモーレン湖、ペイト湖なんかも観ながらで、他の湖のときは天気もよく最高だったのだが、なぜかメインのレイクルイーズだけ、生憎だった。sPA020249.jpgsPA020236.jpg
  で、つぎ。何か俺、カナダ国旗もって立ってるじゃないですか。これはね、午後に出かけたジャスパー国立公園内のコロンビア大氷原という暑さ300㍍の氷河の上での記念写真だ。何か、トラクターみたいなバスに乗り換えてそばまでいって、降りるのだが、氷河の上だけあって、激寒。みんなすぐにバスに戻ってしまう。そんな中、俺、あの旗持つ!っていって、ツアーメイトの元東芝、太田さんに撮ってもらったのがこれだ!
sPA020290.jpgsPA020304.jpg
 終わると、バンフの街へ戻る。戻って大橋巨泉のギフトショップでお買い物。あとはホテルに戻るだけ。一部の人たちは、オプショナルツアーでバンフの展望台、サルファーマウンテン展望台に行くのだと。そこからだと、バンフの街が一望だと。このオプショナルツアー夕飯付きで17000円だと。行く前にネットで調べたらゴンドラだけだと3000円。そりゃ自分で行くよ、俺は。行って登ったら俺が真っ先に来ていたよ。廻りをみると日本からやって来た女子が二人。写真の取り合いっこをしたってわけ。日が暮れかかって降りようと思ったら、オプショナルツアーのご一行。陽がもうほとんど落ちてるから何も見えないのに。あれれと言う感じ。こうして、カナディアンロッキーの一日は終わって行くのであった。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/936-98402b2a

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks