経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

こんなコメントを頂戴しました。

10/6
 toninakaさんと名乗る方から、こんなコメントを頂戴しました。
ナックファイブ拝聴させて頂きました。そこで疑問を感じましたので質問させてください。あなた様も含め全マスコミが気が狂った様に安倍叩きをする理由をお教えください。よろしくお願い致します。私が感じますに安倍さんは非常に良い政治家だと思います。より酷い民主の政治家にはそこまでバッシングは聞いたことがありません。政権政党ではない野党の党首が所定のルールに従って選ばれただけの事に、そこまで口汚く青筋を立てて罵る必要があるのでしょうか。images-1_20121008030719.jpeg私だけではなく多くの国民が気が狂ったように安倍叩きに走るマスコミに疑問と不審を持っており、ネット上で大きな関心を呼んでおります。是非その辺りの理由をおきかせください。よろしくお願いいたします。
 先ずは番組を聴いて下さってありがとうございます。また、コメントを頂くのも嬉しいです。これについてもありがとうございます。僕はラジオ番組の短い時間の間に、岸信介元首相から流れる自由党系の流れ、それは自主憲法制定へのこだわり。そういった政治に安倍さんは興味が一番あって、それは憲法、特に憲法9条を変えることに集約されるのではないかと申し上げたと思うのであります。そして、国民が求めているのは、年金や健康保険を中心とした社会保障や社会福祉の問題とそれを支える財源問題、経済、エネルギー問題だと思うのです。それも一部ではありますが申し上げたつもりです。
 また、自民党の総裁の選定の方法は党独自のものですから、それでいいと思うのです。ただ、国民も、国民に一番近い自民党の地方議員や党員の方が支持した石破さんが選ばれなかったことが残念だったこと、相当弱まったとはいうものの、派閥政治から一番距離のある石破さんの国民への熱い思いが通らなかったことが残念と思うのは自然な思いでしょう。なぜなら、この自民党の総裁は次の総理大臣として日本を背負う方になる可能性が極めて高いからです。もうひとこと申し上げると、僕は谷垣さんが総裁選に出ることもできなかったことにも少しオドロキました。3党合意とその対応について党内に反対があったとしても、過去3年間という期間、自民党を分裂させずに引っ張った功績は多大であるはずと思うのです。
 それから、野田さんや民主党の過去の政治について、特に鳩山と管さんの政治とその結果については、ちょいと公共の電波では感情的に言い過ぎかなというくらいに申し上げているつもりです。レギュラーの番組での表現は、特定の放送だけで判断しないで頂きたく思います。長く聴いて頂ければ、もう少し違う感想を持って頂けると思いますよ。それから、ほぼ全ての電波活字メディアで民主党に対しては、露骨とも言えるほど批判していますから、あなた様の考えは杞憂と言うものではないでしょうか?
 ところで、僕は一度、フジテレビの番組で、首相を辞められたあとの安倍さんとテレビ番組をご一緒したことがあります。その人柄も伺うことができたかもしれません。だからどうと言うわけではありませんが…。
 僕はネットが嫌いと言うわけではありません。また、そこで意見交換をするというのも非常に面白いと思います。新しいつながりも友達もできたりします。ただ、一部で感情的に、きっと普段の不満やいらだちをネットにぶつける人がいるのは残念です。匿名で人の発言や表現をねじ曲げて表現したり、数多くの発言の一部を取り上げてみたり。まあ、こちらはちょっとした有名税の様なものだと思っているのですが、
 その中ではtoninakaさんの表現は一定の節度はあるので、今回は取り上げてみようと思った次第です。ただ、toninakaさんのコメントも、きちんと読んで下さる方には分かっていただけると思うのですが、表現がキツイだけで、自らの考えはほとんど書かれていません。「私が感じますに安倍さんは非常に良い政治家だと思います。」だけでは、あまりにも乱暴な意見の表明というものです。何も言ってないのと同じです。まあ、想像するに、外交で中国韓国と厳しく対峙してくれるということなんでしょうか?それがいい政治家ということなのであれば、安倍さんは、元首相の時には、靖国参拝はしてくださったでしょうか?。僕はそれがとても残念でした。安倍さんの政治信条はそこに集約されると思うからです。揺るがせてはいけない岸信介元首相の流れを汲む政治家としてやらなくてはならないことだったでしょう。また、当時の中国の国力が弱いうちに尖閣諸島の問題や韓国とも竹島問題に着手すべきでした。普天間問題にも前進はありませんでした。これらのことはあまりなさらずに、安倍さんは在任中に憲法の改正を一歩進めました。私は憲法は国の有り様を定めるものとして重要ですが、安倍さんならではの外交防衛での成果をもっと期待したのです。それがなされなかった。憲法改正への着手だけは進んだ感じがしたのです。
 ご存知のように農業問題でも、年金問題でも進展はありませんでした。憲法に関することはとても重要ですけれど。
 また、もし、こういう質問をされるのであれば、名前や何をしている人なのか、連絡先くらいきちんと明かすべきだと思います。全て匿名で人に何かをぶつけるのは後ろから不意打ちをくらわせるのと同じです。自らも殴られるリスクを背負って正々堂々と発言して欲しいです。
 皆さんの意見を頂戴したいと思います。今の流れだと、1年以内に確実に安倍さんは日本の首相になるでしょう。安倍さんを支持される方も、支持されない方からも意見を頂戴したい。まともな意見は全部ブログで紹介し、僕のコメントをつけていきたいと思います。姓名、職業、年齢、住所をつけてコメントして下さい。それら個人情報は明かさずに、ブログで紹介して行きたいと思います。
 ちなみに、21世紀になってからの首相で僕が一番良かったと思うのは、福田康夫さんです。これも全部が全部支持というわけではないですが、総合的に考えて一番かなと。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/926-18d753e8

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks