経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

竹中平蔵さんの本を読みながら、ベネトンとガリガリ君を考える。

9/9
51a82dVuPQLSL50.jpg批判ばかりじゃいけないなと思って、副タイトルに2時間でいまが分かる!とある竹中さんの本をさらっと読んだ。「日本経済こうすれば復興する!」って具体的な話は出て来ないんだろうなあと思っていたら出て来なかった。日本経済30のウソを見抜き…とあるのは、世間の小泉=竹中政権に対する言い訳オンパレードということで予想通りだった。自分たちは格差社会を作った元凶ではないとか、自分たちの時代は経済が良かったとか(個人の所得は全く伸びない、一部の大企業だけが得しただけ)、突っ込みながら読めるので楽しかった。 グローバリズムの考え方も、世界第二の経済大国でありながら、グローバリズムは受け入れざるしか方法がないという考え方で、新自由主義経済は時代の趨勢というだけだった。この人も新自由主義の原理主義者で、コチコチの頭の固さだなあと思った。ってやっぱ批判しちゃってるな。爆!
s_P9050003.jpgs_P9050002.jpg僕はここがいい、あそこがいいと雑食なので、よろしく。雑食といえば、しばらく中華料理は食わないぞといいながら近くのLAWSONで298円のビーフンを購入。これは中華料理だろうか?僕はもう日本のものと言う感じ。だってウマいもん!298円でウマいもの食わせてくれるとはスゴいね日本!
 image7_2.jpgbsd1209061538001p1.jpg 日本のスゴさを感じさせるのニュースがもうひとつ。ベネトンの会長がきて駅周辺に「超小型店」の展開を計るとのことだけれど、会長はどうもユニクロとは違うといいつつもユニクロがとても気になる様子。イタリアの美しい色で世間をベネトンが席巻したのは20世紀の終わりごろ。日本はバブル経済の80年代後半から、山本ヨウジや川久保玲など、世界のモードでも確固たる地位を占めたけれど、正直アパレル業界のボリュームゾーンは抑えられなかった。 それが、ユニクロがいま世界を席巻しつつある。
 garigari2.jpgパリやロンドン、ニューヨークでも一等地にユニクロはあって、地元の人が驚きながら購入しているのを目撃する。
 それは日本に来ている外国人にも影響して、渋谷や新宿のユニクロに外国人の多いこと。それもまとめ買いしているのをよく見かける。
 何しろ、売り方もデザインも、良いものを本当にお手ごろ価格で提供するだけでなく、ヒートテックなど新しい素材開発からやってしまうのがスゴい。そんなことを今日も泳ぎながら思っていたよ。今日も1000泳いだ。
 そんなことを、ガリガリ君のコーンポタージュ味が3日で完売のニュースに関心しながら思っていたよ。赤城乳業、なかなか策士。
image_20120909161433.jpegやるなあ!126円と通常の倍の価格。少量生産、インパクトのある商品で、ものすごいツイート数で宣伝効果が物凄い。
 夏の終わりの需要が落ちるタイミングでこの商品投入。もちろん目的は通常商品の販売底上げだ。まんまと引っかかってみようではないか!ああ、懐かしい。赤城乳業のイチゴみぞれ。真ん中にちょこっと入ったラクトアイスがたまらなかったのだよ。死んだ母親も大好物だったなあ。泳ぎの帰り寿司屋(いつもの巴家)で刺身と焼酎楽しむ。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/918-27033488

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks