経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

2100円の贅沢。

9/8
新宿へ。昨年来続いて来た歯医者通いも本日で終了。もう15年くらいお世話になっている名医。
s_P9080002.jpgちょいと金は掛かるがまあ仕方ないよね。しばらく忙しくなるので暫く来られませんとご挨拶。終わったのが午後5時すぎ。ひさしぶりなんでちょっと新宿で飲もうかなあと思いつつ、紀伊国屋書店へ。本を見た。自分の本が平積み展示されているのを見て感謝。
 その後は伊勢丹へ。
s_P9080019.jpgs_P9080003.jpgs_P9080007.jpg 僕はもともとは三越派。だった。
         しかし、長年通った新宿三越は完全撤退。池袋三越もなくなってしまってホントに哀しい。いまや伊勢丹と三越が一体化したわけで、となると、自然と伊勢丹のデバ地下を少しブラブラすることになる。
 買いたいホテルオークラのドレッシング(この夏、大幅値上げ!315円→525円)を購入。まだブラブラしていたら、面白い店を発見。  
s_P9080004.jpgs_P9080005.jpg キッチンステージというオープンキッチン=食堂であります。
 小山雅史というシェフのことは知らないが、ちょいとあの川越シェフの線の匂いがする。
         ま、そんなことはどうでもよくて、ウマきゃいいので。そのイケメンシェフの考案した和食セットが2100円だと。メニューを見ていると、相当お買い得感あり。ちょっと早いが今日の夕食はこれだ!と入店。カウンターとテーブル席。ひとりでも気軽に入れていいね。このテーブル席。ちょいと狭い。45センチ四方だから、相当狭いか。ドトールのテーブルの大きさ。でもね、おいてあるテーブルクロスなんかはいい感じだよ。オープンキッチンできびきびは動く若いスタッフを見ているだけで気持ちも良かった。
s_P9080009.jpg
 最初に出て来たのが
 ウーロン茶
 紫芋酢(むらさきイモ酢)とビールのカクテル
 彩り野菜のピクルス
 そして、
和野菜のカクテル蛤のジュレ

 はまぐりはホントに入ってたよ。s_P9080011.jpg当たり前か。ジュレ、ジェロだよね。
 カクテルもお酢の香りがどかーんとあって不思議なウマさ。
 シンプルで食材の美味しさを大切した、プチ懐石な感じ。
s_P9080014-1.jpg
 続いて、、、
ホタテとしいたけの茶碗蒸し
三之助豆腐の冷や奴
海老のさつまあげ、唐辛し添え
蒸し鶏の甘酢がけ
と4点の料理が心地よい大きさでくる。
 冷や奴には、ポン酢が提供されるがこれがまた絶品。
 みそ汁はあおさ。そして、メシがウマかったんだよ。s_P9080015.jpg
 とうもろこしと枝豆の雑穀入りごはん
 これで2100円って安いなあ。たいていは2週間くらいでどんどん内容が変わるキッチンらしい。
 上質、上品な味で大満足。結構おなかいっぱい。これで2100円とは、伊勢丹おそるべし。
 長居するのはルール違反な感じの店なので、そこそこで出て、このあと飲み屋街にいったんだけど、はい、ゴールデン街。まだやってなくて帰ったよ。このキッチン、おいしいものが大好きな若夫婦とかカップルとかもいいんじゃね。このメニューは9月11日まで。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/917-1044a05a

 | HOME | 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks