経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

しゃんしゃん上海。心でフリーハグ

9/1
 旅行中に日本の在中大使の公用車が何者かに行く手を遮られ国旗が奪われるという事件が起こった。
s_P9010399.jpg 中には敵意を露骨に表す中国人もいるかなあと思っていたが、ま、観光旅行ということもあってそういうことはなかった。こちらが応対するのは、こちらにモノを売りたい人がほとんどだしね。
s_P9010404.jpg
s_P9010405.jpg
s_P9010421.jpg










 まあ、先進国からやってきた人間の上から目線にならないように、丁寧に感じよく応対した。
 日本にいる時以上に注意したよ。

  

 中国でも大都市だと、もう日本と変わらない。いや上海の高層ビルの多さなどは日本以上で勢いを感じるなあ。
 でも、時に昔ながらの風景を見つけると安心してしまったり、ほっとするのは何でだろう?
 豪華なホテルだったのでプールで泳ぎながら考えたよ。
s_P9010440.jpg
 
s_P9010472.jpg でも、日本のNHKが3日間ともずーっとフリーズしたままで何にも見られなかった。
 しかたないので、ドイツの国際英語放送をずーっと見ていたけれども。

 昨日のバンドとちょっとしたおしゃれな新天地訪問に続いて、最終日の訪問地は土産物屋にもいったんだけど、上海博物館。最初は興味なんかないなあと思っていたけれど、見始めると書も器も家具も面白いね。1時間ならOK。豫園(よえん)とその廻りの商城と言われる商店街。古い庭園から覗く超高層ビルが面白かった。
s_P9010477.jpg
s_P9010492.jpg
s_P9010516.jpg
s_P9010521.jpg
 その後は、またまた魯迅。魯迅公園とその中にある上海魯迅博物館。魯迅多いなあ〜と思っていたら、この1階の展示室で、何と「池田大作 自然との対話」という写真展が開催されていた。ちょっとフリーハグの桑原君のことを思い出した。今回の旅行で日中の間でいろいろとあっても、俺がニコニコしながら感じよく中国の人と接しているのは気持ちのフリーハグをしているのだと思っている。無料だったし時間もあったので、数分だけ覗いてみたよ。
 公園では9月にある灯籠祭りの飾り付けが進んでいて、土曜からかもしれないが、人がいっぱいあって文革当時の歌を大勢の人が集まって青空大合唱で唄っていたり、ふかわりょうのようなダンスを踊っていたりしてヘンテコだった。

 この魯迅公園付近は旧租界では日本の租界のあった場所らしく、井上ひさしの芝居でも有名になった「内山書店」跡なんかもあったよ。僕はそこそこで引き上げてそこいら辺をうろついた。スタバ(上海にはあった)に入って自分用の土産物を買った。タンブラー。僕は旅先で自分の日常用のものをいろいろと買うよ。毎日使いながらも旅の思い出が蘇るからね。
 この旅に持って行った水筒も2009年の8月に中欧周遊した時の帰り、フランクフルト空港内のスタバで買ったもの。毎日冷たいミネラルウォーターを入れていやしてくれた。東京でも使ってる優れもの。
s_P9010501.jpg



 そして、最後は森ビル=上海ヒルズへ。94階までドカーーーンとビューーーンと上がっていって見下ろした。
 目に入って来るのはデカイビルばかり。街の喧噪はもう近くにはない。
 このビルは最上階付近が四角く開いていて、なんか栓抜きみたいな形をしているんだ。
 
 ビルから下をみていたらビルの影が延びていて、その先に光るところが。そう。四角く開いたところは影でなくちゃんと太陽の光が射していた。

 ビルから降りて、夕食。僕はオプショナルツアーの雑技団に。面白かった。
 もう会わない1週間の旅仲間でちょこっと話すようになった、松井老夫妻(15万円の仏像を購入した83歳。速攻冷却をあげたら超喜んでくれた)長谷川親子(英語が苦手な高校1年生男子とそのお母さん、イチイチ小声で感想いいまくりの不思議ちゃん)佐々木さん(金融マンで奥さんが中国に行きたくないとひとり参加。プールで経済の世間話したなあ)若林親子(オヤジと息子が参加。いつも遠慮がちに最後にバスから降りていた。写真ぱちゃぱちゃ組)などに挨拶。みなさん、ありがとう!
 
 帰ってあと、夜景をみながら5階のプールで一泳ぎ。自分の部屋からは見えない、夕方登った上海ヒルズに東方明塔が夜空に光っていたよ。。。
スポンサーサイト

コメント一覧

写真の画角にセンスの良さが見える☆

こんにちは^^ 佐藤さんの好奇心旺盛な偏見のない中国旅行記!楽し読ませてもらいました☆耳ダンボな鋭い人間観察もウケました~笑

心でフリーハグ。。佐藤さんの笑顔もフリーハグ並みにチャーミングです♪^^v

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/913-0cc495a8

 | HOME | 

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks