経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

爆安の秘密

8/29
 旅行3日目。実質2日目。今日は錦渓という水郷の街その2に行く。
江南、水郷の街。江は揚子江、中国では長江というが、この江の南にある街なので、江南である。s_P8290008.jpg
s_P8290058.jpgこの街は海岸沿いというわけでなくとも、自然の、もしくは、人口に作られた運河によって数百年前から商業の取引が盛んだったわけ。
 その次は無錫(むしゅく)という場所。錫を取りすぎて無くなってしまったんで無錫という、冗談の様な名前。結構日本企業も進出している。中国で有名なびわ湖の3.5倍の太湖という湖もある。しかし、バスの中国人ガイドが、何でもかんでも、びわ湖の3.5倍とか。日本の何倍ということをやたら言うのでカチっと来る。まあ、だからといって何かするわけではないが。それに、このツアーは昨日書いたように安いしね。しかし、その激安ぶりには秘密がある。
 何しろ土産物屋の訪問が多いのだ。土産物屋で高い買物をしてもらって、現地旅行会社にはそのバックマージンが入る仕組み、、、と言われている。いや、おそらくそうだろう。
 それから、オプショナルツアー、写真撮影などなど、いろんなことにお金を使ってもらって利益を確保する仕組み。
 つまり、4万チョイで6泊で食事と観光もついているが、とにかく販売漬けになる。それも原則、高い。安いツアーであるのだが、旅行中に儲けさせてもらってバランスを取ろうというもの。今回は数えたら諸々で16回もあったよ。それにこのツアーに参加している中国系の人は、食事の時にビールも飲まない。ジュースも頼まない。それも高いのだ。中国国籍のまま参加しているオーさん、フクさんの話だと、通常はビールをレストランで飲むと6元。100円くらい。このツアーは全ての店で30元。450円弱となる。ね?
 それも、最初はビールも出たのだが途中から発泡酒系。チンタオビールの通常版も出してくれない。ちぇ!
 蘇州では両面刺繍?この無錫では真珠店、しかし、真珠も売られていたが実際のメイン商品は日本で大人気と主張される(俺はきいたこともない)真珠クリームだ。東京では3500円、上海のデパートで2500円で売られているという、、、謎の真珠クリームを売る。s_P8290098.jpg今回のツアーの土産物屋の写真を全部撮影し、他のブログに載せているが、あまりにもマニアックなので載せない。そして、どうもこの真珠クリーム人気だという。販売員は盛り上げの真珠クイズをやったあと、いよいよ販売。6つで1万円でどうだ!8つで1万円でどうだ!9つでどうだ!誰も手を挙げない。
 機嫌が悪くなる、販売員のオヤジ。無理だよ、俺らのチーム、クリーム欲しそうな若い女がひとりもいない。40代のオバさんも、20代のお姉ちゃんもみんな中国出身者、もしくは在日の中国の方。実際の価格を知ってるから買わないよ。s_P8290153.jpg誰も犬を飼っていないところで、ドッグフードを売ってる様なもんです!
 それよりもね、この無錫という街。そのびわ湖の3.5倍の太湖で20分のクルーズをするだけ。三国城というテレビで三国志を撮影したオープンセットの中を歩いて、乗場にいって戻るだけ。ついに、無錫の街をみることはなかった。そして、その湖、びわ湖の10倍くらい汚染されていた。写真にもくっきりだよね。
 その後は水郷の都市、その3 烏鎮(うちん)へ。ここ、水郷の街を整備し入場料も取ってみせる、作られた古い街であります。s_P8290181.jpg西側と東側がある。東側だけ連れて行ってもらった1時間弱であるが、なかなか良かった。ここで、藍染めの店があってとても良かったのでお土産に幾つも買ったよ。
 地図のある人は見てもらいたいのでありますが、今日はホントに無駄な移動をした。蘇州→錦渓→無錫→烏鎮→杭州。この行程がどれだけ行ったり来たりで、いやあ、笑った笑った。バスの中でもお土産の販売がスゴかった。これも、僕の別ブログには載せてみようと思う。オモロかった。

 杭州のホテルも、事前の話ではデラックスのはずなんだけどなあ。おかしいぞ。。。。蘇州でもちょいオカシイと思ったけど、ここは絶対にオカシイ。。。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/910-70dea6af

 | HOME | 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks