経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

激安中国旅行の参加者

8/28
s_P8280042.jpg
s_P8280085.jpg
 今回の旅行は7日間でホテルはそこそこ良くて4万5000円(サーチャージなど諸々込)という超激安もの。僕の場合でも7万円ちょい。これで3食までつくから驚き。上海と江南を回るツアー。江南、つまり長江(昔の揚子江)の南側の都市を巡る旅でありんす。
 バスはぼろいがちゃんと動くし(失礼)、日本語の話せる現地中国人のガイド陳さんも今のところ合格。昨日は、朝8時45分発で水郷の街らしさのあふれる千灯という町、それから蘇州市内観光。ほかに刺繍研究所というところでのショッピングタイム?トルコでの強烈なショッピング体験=土産物屋引き回し(笑)から比べると案外普通で、激安理由の土産物屋も楽しんだ。僕はいやな思いをしたとき用に、DS、MP、本という3点セット。それもめったに読まない竹中平蔵の本なんかを持ってきて、いざとなったら本を読んでやると。。。
s_P8280146.jpg
 今回の旅行で一番驚いたのは、30人の参加者のうち、10人程度が、日本にいる中国人の人だということ。帰化していたりもするが、何しろバスの中での家族通し、カップルの会話が中国語。読んでるのは中国語の雑誌。中には聞いてもいないのに、24年前に日本人の嫁にきた広州出身の…というひともいて。。日本人じゃ食べないハスの実などの果物や小ロンポウなどを、露天で買ってバスの中で食べだすから匂いがひどい。大騒ぎだし。。。
 日本からの中国旅行に、日本にいる中国人多数が参加している。バスの中はいつもの日本からのツアーの空気がほとんどない。こんな不思議体験は初めてです。
s_P8280185.jpgs_P8280272.jpg
 ガイドさんにきいたら「8月は特に多いらしい」。来てみないとわからないことはいろいろとあるな。
 本日は水郷の街、その1 千灯で30分散策と15分くらいの小舟。
 その後は、春秋時代の呉の国の都、蘇州へ。
 しかし、パックツアーのタイトルにもあるように、ハイライト観光。虎丘斜塔、獅子林、そして世界遺産の寒山寺へ。

 ホテルに戻ってプールで泳いだら、ちょっと焼けた素肌が痛い。明日は杭州のホテルへの移動日です。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/909-84eb753f

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks