経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

フリーハグと韓国問題。

8/22
 正直言っていまの韓国の動きには怒り心頭である。そもそも李承晩ラインを勝手にひいて、竹島を不法占拠。日本は争いよりも共通点を見つけて長年気を使いながら問題解決にあたろうとしてきた。
 もちろん、いまの民主党政権も、その前の自民党の長期政権においても、この問題を先送りして来た罪は重い。しかしながら、イミョンバク大統領の竹島訪問、日本はもはや影響力のない国発言(GDPは日本の世界第3位に対し15位)、天皇陛下への謝罪要求発言(日本から求めたのではなく、もともと韓国側から陛下に訪問を求めた)。日本の政治もだめだが、韓国の政治家は狂ってしまったのかもしれない。それに加えて、例のオリンピック男子サッカーチームがこの微妙な問題をオリンピックの場に持ち込んだプラカード事件もあった。(さらに8/17には日本からの外交親書を受け取らないという非礼な行為までやってみせた)。
 日本を愛する一国民として冷静さを失いそうだ。そのときに出会ったのが次のビデオだ。
 27歳のフリーターの青年が、日韓はもっと仲良くできるはずと思って去年の8月にソウルでやったこと。

 韓国への抗議は毅然ときちんとやり、個々の人間が韓国に対する抗議の思いを表すことはしたいと思う。このフリーハグ自体は、昨年の8月11日に行なわれたもので、今回の竹島事件以降のものではないが、やはり、厳しく問題に対処するにしても、本来は、本当は「仲良くしたい」という気持ちがあるかないかで大きく違う。そこがとても大切なのだと思う。
 こうした感情はきっとこの10年余りの両国の芸能人、映画などの交流から生まれたものだと思う。若者からおばさんまで、韓国を訪れる人も多く、韓国の芸能人も多く日本で活動することになった。どっか根っこでつながっている。できれば韓国とケンカしたくない。そんな思いがある中で、問題解決をさぐるのはとてもいいことだと思う。これを、朝のラジオ番組で紹介したところ、ものすごくおおきな反響があった。

 ところが、これには後日談がつく。

 だれなのかは分からないが、この桑原という青年が創価大学卒業ということで、僕に毒づいて来た人がいた。僕は彼が学会員でも構わない。この素晴らしい行為を信者獲得のオルグの材料にしたりするのでなければ、そんなの関係ねー、あ、そんなの関係ねーである。ま、そんな風にしか見られない人は少数なのであろうが、もっと大局的な立場にたって物事を考えてもらいたいなと思う。何か爽やかな気持ちになったり、どんよりした気持ちに成ったりした。俺は、この桑原功一という青年は日韓友好を考えて、その気持ちだけで行なったのだと思う。
 1%も俺に毒づいた連中の考える別の目的があったとは思っていない。ま、僕はこれからも素敵な日本の青年を見つけて、応援して行きたいと思う。 
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/905-f56b6916

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks