経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ロンドンからリオデジャネイロへ

8/13
 感動は終わった。ロンドン五輪が終わった。
s_561239_396607963721945_1975701247_n.jpgいくらピータボイルの華麗な開会式を見せられようと、柔道場に流れるロックミュージックの音楽に、おいおい格闘技の入場行進じゃないんだぜと違和感を感じながらも、選手たちの真剣勝負はやはり感動ものだった。日本選手をこれほど愛した大会はあっただろうか?澤ホマレ選手は30代半ば、きっとロンドン五輪で引退だなと思っていたら、一度は引退報道がされたけれども、やれるところまでやってやると引退宣言撤回。きっと実力を蓄えてきたのだけれど、僕の子どもの頃のオリンピックの定番。バレーボールも先ずは女子から復活。見事な、見事な銅メダルだった。前日の男子サッカーの雪辱をストレートで晴らしてくれた。そして、彼女たちの気持ちはもっと輝くメダルにもう移っているし、きっと男子バレーはリオでやってくれるだろう。
womens_img03.jpg そうなのだ。もう選手はロンドンのことを振り返っていない。懐かしむことも余韻にひたることはあっても次の道へ進み始めている。すげーなー。
 少し休みますという選手のコメントも多いが、それは次への挑戦のための休息でしかない。
 しかし、おれは薄情ものだ。男子サッカーはワールドカップの南アフリカ大会の前の評判の悪さを裏切ってくれて、きちんと応援しなくちゃいけねえーなと思っていたのに、今回、またやらかしてしまった。関塚ジャパンバッシングをもう少しで五輪前にラジオで語るところだった。なんで、なでしこがプレエコの座席で、お前らビジネスなんだよ!みたいなくだらないことまで言う感じだったのだ。
61360fcb-s.jpg カッコよかった。サッカー男子カッコよかった。そして、俺はホントに思うのね。どうか、元気をもらった。スゲーじゃなくて、みんなひとりひとりが、自分の立場で、人に元気を与えられる立場になろうぜってね。もらいました。感動しました!って年に何回言ってる?
 じゃ、言われたこと、今までに何回ある?私はスポーツ選手じゃないから。関係ないよ。別に日本国中を感動させたり元気づけることじゃなくて、自分の廻りの人たちを元気づけさせることができないものか。
imaghp.jpeg おれは元気をもらうだけじゃなくて、元気を与える側にもいたいのだ。そして、リオで、あの内村航平率いる体操男子のチームと再会するのを楽しみにしている。内村はきっとロンドン五輪は自分で懸命に頑張った。23歳の男はリーダーとなって、北京でサムライ富田が抱えていたものを感じたのではないか?
 それを天才内村はリオでやらかしてくれると思う。もっとでかい人間になってやらかしてくれると思う。自分はより強くなり、そして、廻りの選手も強くする男になってくれると思うのだ。
 内村が欲しいのは団体の金。打倒中国だ。そのためには、自分だけでなくみんなで強くなることを今まで以上に意識すると思う。もちろん、他の男子選手は内村をリオの代表から蹴落とす様な戦いをして欲しい。
 我らパンピーはロンドン五輪の感動にいまだ浸っているが、選手たちはもう4年後を見据えている。カチョイイ。そして、いま高校生などの若い、いま、無名の若者がリオまでに世の中に出て来るのだ。
 4年後、この感動を味わうために、皆でできることで応援したいと思う。選手だけでなく、僕らもリオを見据えなくちゃいけないのだ。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/901-d2f5cfc1

 | HOME | 

Calendar

03 « 2017/04 » 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks