経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

軽井沢グルマン紀行の思い出

8/14
 8月8日から11日まで大学時代の友人の別荘におじゃました。それも2棟ある別荘のうち、専有させてくれて、その心遣い。感謝。ありがとう。
 そして、その僕の大学の友人は日本を愛し、日本の食材を愛している。だから、ウマいものを知っている。普段では考えられないくらい食ったので、今日も泳ぎにいったよ(爆)まだそれが記憶の味覚として反芻される。s_P8100113.jpg
s_P8100072.jpgもう10年くらい前から日本のワインもすごいんだ。日本のワインを応援しよう!とこれである。
 東日本大震災の時にも真っ先に、佐藤助けてくれ!何か出してくれ!と連絡してくれた。
 行政の手を借りずに、民間の人たちが自分たちで支え合っているところに、救援物資を出そう!と。
 そういうところには緊急の物資がいかないから!と。
 まったく正しい。
 そんな友人の楽しみは自然と戯れることである。それは食でも言える。
s_P8100076.jpg
 日本の農業の素晴らしさを知っている。今回もいろんなところに連れて行ってくれた。小布施の「蔵部」はすでに8月11日の日記で紹介したけれど、軽井沢のベーコン専門店、おいしいパン屋さん、姥捨SAの七味アイス(チョコレートソフトに七味がメチャクチャ入っていて病み付きになる味)。この画像は、北軽井沢のミルク村のソフトクリーム。絞りたての牛乳から作るソフトクリームは、ものすごく濃厚。ものすごくミルク。ウマい!
s_P8100118.jpg
 てんざるもウマそうでしょ。これは鬼押出しのそばの「あさぎり」というそば屋さん。てんざる並を頼もうとしたから、上でいこうよって奮発。1350円。
 最後はこの友人が軽井沢でものすごく愛しているスイス料理の店。ツェルマット(スイスのマッターホルンの麓の街)でガイドをしていた夫婦がやってる「プチセルバン」。僕も2回目。ここで食べたメニューの写真はFBに載せたから興味があったら見て下さい。
 ちなみに時々、FBの友だち申請をしてくださる方がおられる。嬉しいです。でも、僕は闇雲に友だちを増やそうとしていません。先に友だちになった人に迷惑をかけた人もいたので、承認基準ってのを決めさせて頂きました。生意気でゴメンナサイ。@SATOHARUHIKO をフォローしていること。顔写真、本名で登録していること。主な略歴を公開していること。敵対的行為で荒らさず、仲良く楽しく関われる人であること。この基準に当たる人は全員承認して参ります。基準に達していないと承認しません。ツイッターのアカウント名、FBの連絡メールでご連絡下さい。
 てな感じ。友だちになれなくてもプチセルバンの料理は全部載せてるから、FB覗いてみて下さい。http://www.facebook.com/haruhiko.sato.587

 この数日騒がしいが、明日は感謝と鎮魂の一日。
 先人に感謝し、先人を鎮魂し、生きていることを感謝し、未来のことを思う日。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/895-725fe2e3

 | HOME | 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks