経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

マンハッタンを少し離れて

4/6
 金曜である。今日は昼間にメジャーリーグを観るでもなく、昨日に引き続き買い物する事にした。9時過ぎにアパートを出て、42番街のポートオーソリティーへ。ここは長距離バスの一大ターミナルなのだ。正直歩いてでもいける距離。今日はニュージャージーのジャージーガーデンというアウトレットへ。ここ隠れた穴場と宣言します!
 ニューヨークに来る人でアウトレットで買物したい!という日本人はたいていウッドベリーコモンという大アウトレットにいく。僕も15年くらい前だろうか行った事がある。往復40ドルくらいかけていく。バスの乗車時間90分くらいだったか。遠い、でかい。ここにはヨーロッパ系のブランドネームの商品もおいてあるが、ここはアメリカである。僕はアメリカのアパレルのものを買う事に決めている。
JERSEY GARDENS 007
dscn2797.jpg
 4年くらい前に一度行った時は、その内容の貧弱さにがっかりした思いがあるのだが、何しろ1回しか行った事がないし、今日は時間があるのでもう一度くらい行ってみよう。それで、良くなかったら二度と行かなきゃいいわけだし…と。しかし、実はポートオーソリティに行くまで、アウトレットの名前も覚えていなかった。でも、行って聞けば分かるだろうと思って。で、分かった。そのアウトレットの名前は「ジャージーガーデン」。ここの目玉は何と行っても、アバクロのアウトレットでありんす。往復で15ドルくらいのチケットを購入し、指定されたバス乗場(111番乗場)へ。並んでるな〜。
 バスはすぐにトンネルに、「ダイハード4」という映画をごらんになりましたか?逃げるブルースウィルスがニューヨークへのトンネルでトンでもないことに。出たらヘリコプターにも追撃され、あの映画のトンネルを通ります。出るとマンハッタンを一望でき、さらに、景色は超都会のマンハッタンから、庶民的な住宅地もあるニュージャージー、さらに、ニューアーク空港の横を通り、30分強で目的地に到着。
image_20120422125947.jpeg
 いやあ、前より断然良くなっていました。出店する店、品揃え。時間と金をかけていく価値ありです!

 やっぱり一度で決めちゃいけませんね。

 もっともっと買いたかったけれども、荷物が大変なので少なめにしましたよ。

0a4bdd06e5 のコピー
 しかし、アバクロの宣伝も買物袋もなんで裸ばかりなんでしょうか?洋服売るのにね。裸ばかりです。
 まあ、セクシー×セクシーがコンセプトなんで分かるけれども。

 アバクロで買ったものは、ジーンズと(カッコいい)半ズボン。この画像の2点です。Tシャツやパーカーなど山ほどありました。
 
anf_49122_01_prod1.jpeganf_53929_01_prod1.jpeg 
 もはやイタリアブランドというよりも、アメリカのアパレルとなった、A/X アルマーニエクスチェンジでは、ジャケットなど山ほど買いました。驚くほど安い。そして、モノがいい。
 カルバンクラインではおなじみの下着。ディズニーストア、ビタミンショップなどでも。

 惜しかったのは日本じゃほとんどあり得ない、リーバイスのジーンズがそのまま安く売ってるんですよ。
 色もサイズもスタイルも、ほとんどフルライン。値段はだいたい3500円。クソ安!
 でもジーンズばかり買うのもなあと辞めました。
 
 今回思ったのがアバクロ帝国も終焉に近いということです。世界中、どこに行ってもアバクロをみんな着てる、それもバッタもの中心で。ハリウッドセレブから始まったこの商品ですが、あまりにも庶民化してしまっていて、アメリカ人で着ている人がスゴく少なくなった。それに店に来ている人も外国人ばかり。生地はメチャクチャ着ていて気持ちいい一級品だし、フォルムもきれいだし、いいんだけど。こうなると終わりますな。
 僕も今回、買ったものは表からみてすぐにアバクロと分かるようなものは一切買いませんでした。
 
 前にニューヨークに住んでいた事もあり、もう20回以上来ているニューヨークですが、この街ホントに奥が深い。毎回新しいこと、新しい発見がある。昨日の7番線もそうだけれども、今回、自分の泊まっているアパートからそれこど目と鼻の先にあの有名ジャズクラブ「バードランド」があることが分かった。ここのテーマソングは日本で70年代の終わりから80年代の初めにどれだけメディアで流れていたか。今もちょっと気を抜くと流れているのに気がつくくらい。ここで、金曜日の午後5時から2時間。ビッグバンドが聞けるとの事。行ったよ、行った。s_P4140444.jpgで気づいた事は隣が「牛角」だってこと。分かりやすい様に画像で書く乗せてるんだからちゃんと発見してください、な、牛角だろ?もちろん行かねえけどさ、神戸ビーフのメニューとかあったよ。日本で出せよ。安く!と思ったよ。
 で、バードランドのジャズ。メチャクチャ良かったよ。バーに腰掛けてみたんだけど、バーテンダーのおっさんがそれこど何十年もこの店のバーにいるような男で、感じのいいといったら何の。チップ余計目においたよ。
 僕がニューヨークでジャズとなると、ブルーノートか、ビレッジバンガードばかり。あと、イリディウムに2度行った事があるくらい。バードランド、気に入りました。ニューヨークの定番になる感じです。何しろ近い。何しろ手軽。聞き終わって、またまたMET。今宵は椿姫。2年前に観た時は豪華な舞台で、歌手もゲオルギューという美女のディーバが唄ったのでもう一度と思っていったら演出が変わっていた。モダンだけど安普請。歌手もホンというアジア系の人で声がなくがっかし。今宵は自ら寝ようと。日本から高い金だして予約して損したよ。ちゃんと調べなかったバツですな。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/842-bfa8d7ad

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks