経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

9/11 

4/11
 4月11日。水曜日。今日は朝、バスに乗ってのんびりとマンハッタンの先端まで行ってみた。春の日で気持ちもいい。
s_P4050127.jpgs_P4050128.jpgニューヨークの象徴だった世界貿易センタービル。あのツインビルに僕も登った事がある。ウィンドウオンザワールドというレストランがあった。ものすごい眺望だった。もう10年以上もたったわけだ。ビンラディンもこの世にはいない。あの跡地はやっと動き出して、いま高いビルが建っている。あの場所はメモリアルパーク記念公園になってもいて、入ってみようと出かけたら、事前の予約が必要だとの事。ちょっとした展示物もある土産物屋によって小物を買った。そしたら、会計の時、1ドル寄付しませんか?って。
 しかし、驚く事にこの界隈は未だに警官が山ほどいて、スゴく警戒している。
 アメリカは9/11で本当に傷ついたのだ。日本はハワイを襲撃した事があるが、アメリカ本土ではない。
 本土を攻撃されたことはなかった。「1941」スピルバーグの映画があったな。
s_P4120240.jpgs_P4120243.jpg
 その後、地下鉄にのってブルックリン美術館へ。初めて行く美術館だ。ニューヨークに来て地下鉄の駅張りポスターを観たのだ。キースへリング展!s_P4120245.jpgs_P4120249.jpgs_P4120258.jpgs_P4120264.jpgこれは観てみたい。それもキースへリングの初期のものを展示するらしい。ニューヨークでキースへリングを観るとはいい感じだ。
 s_P4120260.jpgs_P4120282.jpg ブルックリン美術館もニューヨークの他の多くの美術館と同じく、入場料はサジェスチョン価格(提案価格)で好きなだけ払って入ればいい。面白かった。感想はもうひとつのブログに書いているので興味のある人は読んでみて欲しい。http://palove.blog.shinobi.jp/
 しかし、ヤバいよね。ここら辺のキースへリングの作品。
 今回の作品は1978年から82年までの初期の作品。まだ売る事考えてないから好き勝手だな。普通の作品だけなく、ノートブックに書いたものから、地下鉄のいたづら書きまで観た。
s_P4260001.jpg ブルックリン美術館は他にもセザンヌなど印象派の作品も、アジアや中東アフリカの美術もそこそこあって、ホントに人がいなくてゆっくり楽しめた。
 最後にもうひとつ。これは晩年の作品。キースへリングは1990年に亡くなっているから。直筆サインも入っていますね。僕がもってるキースへリングの作品です。僕の家に来たら是非観て欲しい。晩年もやっぱり好き勝手やってました。
 そんな午前中を過ごしたあと、午後2時から「セールスマンの死」そして、夜は「セミナー」を観た。2本ともストレートプレイ。面白かった。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/841-4bdcaf53

 | HOME | 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks