FC2ブログ

経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

あれっ?おれ、今また、青春?

2/20
 本当に大変だった。充実していた。頑張った。でも、敗北した。和田憲明さんの情熱溢れる演出は演技の本質と人間としての核心を問う厳しく本格的なものだった。僕は途中から真正面に対峙することができなかった。辛すぎた。僕の人間的な浅薄さがこの17日間で浮き上がった。それは他のメンバーもそうだったんだけれど、こんな経験はほとんど出来ない。貴重なものだ。
 石井光三オフィスの稽古場での発表会に、あのオルテ企画の飯田さんも来ていて、何か俺のブログとかも読んでくれているらしく、話していても、やっぱりいい人だあと思った次第。それ以上にいい役者だけれどね。昔の劇団時代からそう思っていたもんなあ。
 オルテ企画のウラテTVとか出してくれるといってたけど、俺とかもエスチャーとかやりたいし、映画タイトルしりとりとかやりてえなあ。他にもらくだ工務店の主宰の人とか来てたけど直接の知り合いでないので話せなかった。残念。それから、多根周作。うーん、やっぱり売れる匂いがするなあ。僕の芝居の下手さに呆れ返っただろうけど、1年前はもっともっと酷かったんですよと言いたかった。
 石井光三オフィスのIさんが、何度も打ち上げのビールを注いでくれた。そして、「厳しかったでしょう。後悔していませんか?」って言われるので「自分としては全くないんですけど、和田さんが入れなきゃ良かったと思われているのでは」と言ったら、「あの人は、自ら去らなければ大丈夫」と言って下さった。ほっとした。そして、「佐藤さんは、個性と独特の雰囲気があるから、上手くなったら俳優としても売れるかも」と経済評論家でもある僕の琴線に触れる決定的なお言葉を下さった。
 稽古場での打ち上げ。そして、僕がいま最も気に入ってる男優である鈴木省吾が、出演者と身内だけで出かけた中目黒の中華屋での二次会で本当にいいことを山ほどいった。
 勉強会は続くし、和田さんとの対峙の舞台はさらに豪華なキャストを迎えて、5月に上演される「エンディングノート」に引き継がれるのだ。
 僕は学生時代にクラブに属さず好き勝手に生きた。だからか、余計に感じる。
「あっ、俺、いまもしかしたら青春?」。



スポンサーサイト



コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/83-33cdd860

 | HOME | 

Calendar

07 « 2020/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks