経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ビストロ間に、お笑い3人組がやってきた!

1/24
 再びお笑い三人組です。覚えてますか?お笑い三人組のこと?
 この3人、今回は恵比寿のビストロ間って店に行きました。でもね、僕は到着した時にはカンカンでした。なんかさ、良くわからないところにあるんで、電話かけて場所を調べようとしたんだけれども、電話に全く出ない。二日くらい前から、おまかせコースの店なので、苦手な食材について話そうとか、席の感じはどうなのか?とか質問しようと思ったし、恵比寿についてからも方向音痴の僕なので場所を聞きたくて何回も電話した。30回くらいも!別にクレーマーとかストーカーとかじゃないよ。本当に出てくれない。電話に、テレフォンに!電話すると、今のお時間のご予約はメールで!みたいなメッセージを聞かせられるわけです。
 なんて店だ!最低だ!今日は自分の企画なので、お笑い三人組の集合時間の30分前には到着。でも、感じ悪いのったら、でも金払ってつまんないのは嫌だから、気持ちを収めようとしていた。
 きっとシェフとホールで2-3人でやってる店なのだから仕方ないよ、きっと小さい小さい、プチプチな店なのさ!とか思っていったら、案外、結構テーブル数もあって、スタッフも4-5人、いやサービスで3人近くいたかも…。じゃ何で電話にでないんだよ。遅れます、人数が変わります、いろんな緊急の連絡があるはずです。それを全部無視かよ!こんなにスタッフの数がいて。ちょっと小言も申し上げました。憮然とした顔で、他の二人を待つサトウハルヒコ。

 そこに二人が来て。お笑い三人組集合。
 前も話したけど、某おしゃれ出版社のT氏は感じのいい同じ年です。この前×1になりまして、いま女、女!の時期です。老後が寂しいのは嫌だ~~~!だと。でも、こいつそこそこ2枚目なんだから、もっとじっくりさ、ウスバカゲロウのようになるべきなのに…と確信しているのですが、俺のアドバイスなんか聞く分けないから。まだ、ちょっとフラフラの気持ちだし、よっぽど愛してたんだな~前の奥さんのこと…と思ったよ。ナイーブですが本当にいい奴なんで今度はシャメ載せます。
 もう一人のフリーライターさん。40歳は過ぎているかと思いますが、初婚が決まりました。オメデトーーーと単純に言っていいのかみたいな。こともありましたが、そんな、みたいなみたいないろんな話もあったのですが、だんだん楽しい夜に成って来たぞ~~!でもね、僕はそういう楽しい会話だけで機嫌が戻ったのではないのです。
 ビストロ間の料理が、これ素晴らしかったんです。サービス料入れて、このコース5000円するかしないか。それでこのクオリティかよ!s_000.jpg
 こういう価格では田舎料理みたいな美味しいけれども古典的なフランス料理の定番料理をレシピ通りにきちんと作りました!みたいな料理が出てくるものですが、ここは違った。
 例えば、最初のこれ。
ソフトクリームみたいですが、フォアグラです。スゲー小さくて、きちんとアミューズになっております。
s_80853326.jpg

 次に、このフルーツパフェみたいなの。これは、実はサラダなんです。混ぜて食べろって、混ぜて食べたら美味しいって。
 素敵な店を知ってると(初めて来たのですが)大いに男をあげて今宵のお笑い3人組の会合は終わったのです。

 ビストロ間、酒代入れて、ひとり11000円くらい。どうでしょう?

 今夜は完全割り勘で行きました。

 ビストロ間、僕の迎賓館になったのであります。価格はそこそこ、味はよし、料理に文化を感じる。こういうフランス料理を食わなくちゃ。ビストロっていうのは、気軽な雰囲気、そこそこ気軽なラディション、そして、クリエイティブで美しい料理。

 行かない方がいいです。行かなくていいです。書かない方が良かったかな?
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/806-356ca2b4

 | HOME | 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks