経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

この前、稽古でやったテキスト

こんなくだらない台本を夜中に書いて、稽古でやりました。


練習用テキスト

男1「初めまして加藤です」
男2「山本です」
女1「川口です」
女2「劇団ジプシャル高原の小島です」
男1「小島なんていうの」
女2「小島ジュディっていいます」
男2「え、」
女2「JUDIE ジュディです」
男1「日本人じゃないの」
女2「日本人です」
男1「だってジュディって」
女2「父は日系アメリカ人で」
男1「へえ」
男2「普通、父親の国籍になるもんじゃないの?」
女2「国籍はアメリカです」
男2「じゃアメリカ人だ」
女2「でも、気持ちは日本人なんで」
男3「気持ちは日本人なんで日本人とか言われてもさ。俺、気持ちはフランスなんでフランス人とはさ。それより、何で山本、出る事になったんだよ。あ、俺、遠山ね、日本人」
男2「オーディションで」
男3「お前芝居下手じゃん」
女1「気にしちゃダメだよ」
男2「いや~、俺、芝居は」
男1「うん、まあ、そうな。よく通ったね」
男2「佐藤さんが、君は脱げるかって?」
男3「脱げる?なんて答えたの」
男2「脱ぎますって」
男1「お前脱ぐの?」
男2「うん、別に脱ぐよ、言われなかった?」
男1「俺も言われたけど、答えなかった」
女1「私も」
男3「この芝居全裸あんのか、俺、初全裸だ」
男2「でもさ、ポケットってさ、全裸、似合わない劇場だよな」
男3「言えてる」
男2「アングラの匂いがしないもんなあそこ」
男1「どこならいいんだよ」
男2「中野なら、あくとれとか」
男3「うん、そうな」
男1「嫌だよ、客席近すぎ」
女2「ねえ、脱がなくちゃいけないの」
女1「言われなかった?」
女2「身体の線を出せますかって、とは」
女1「言われてるじゃない」
女2「それって脱ぐってことなの」
男2「脱ぐってことだよ」
女2「ホント?」
男2「少くとも男は全裸ってことだよな」
男1「そうか、じゃ脱ぐか」
男2「俺、包茎ですけどいいですかって」
男3「変だろ、その突っ込み」
男2「そしたら、お前面白いって」
男3「やっぱり変だよ、佐藤さん、その時どんな顔してた?」
男2「どんな顔って」
男3「だってさ、あの歳で独り者だろ、いろいろと噂があるじゃない」
男1「え?」
男3「こっちの」
男1「マジかよ」
女1「私は両刀とかきいたけど」
男1「女が両刀とか言うなよ」
女1「あ、性差別」
女2「ねえ、みんな裸になるつもりなの?」
男2「包茎だけどね」
女1「ちょっと、ジュディ。小島ジュディ、何びびってんの。脱げる人?」
女2以外は全員手を挙げる
女2「ホント」
女1「私を裸にしたいんならしてみりゃいいのよ、客、ひくから。ひきまくるから。それ、作演として引受けるつもりなら脱ぐわよ。私」
男3「全裸か、俺、手術しようかな」
男2「包茎?」
男3「そうなんだよ、ひとつの舞台に包茎が二人もいちゃまずいだろ」
女1「何で」
男3「だって日本男児の包茎率は3割って統計あんだろ」。
女1「そうなの」
男2「常識」
男3「今日、休んでる奴は分かんないけど、半分も包茎じゃな。俺なんか、チンコでかいのに包茎でさ、小さければまだいいよ、何かぴったりって感じじゃん。でもでかいのに包茎って。俺、彼女との初Hはいつもそれがね」
女1「外人でいるよね、そういう人」
男1「お前、何で知ってんだよ」
女1「観るわよ、女もエーブイくらい」
男2「ホントにする?手術」
男3「脱ぐならね」
男2「幾らくらいかかるんだろ、保険きかないんだろ」
男3「4年前にきいたら、8万だって、8万4千円」
男2「きいたか」
男3「10代の終わりにさ、手術しようかなって、思ってたら彼女と別れて」
男2「辞めたか」
男3「うん」
男2「リアルだなあ、あの、包茎ですか?」
男1「いや」
男2「いいなあ」
男1「でもさ、形が。大きくないし」
女1「あんた達、初対面で何話してんの」
男2「チンコネタって盛り上がるなあ」
女1「もう」
男1「幾つ」
男2「21」
男3「24」
男1「33」
男2「33、33でも、やっぱチンコですか」
男1「まだ結婚してないし、大切だよ、チンコは」
男2「大切ですよね」
男3「ベリーインポー タント」
女1「ちょっと!」
男1「女には分からない、オスとしての悩みってのがあんだよ、中学入るか入らないくらいから、ずーっとチンコネタで悩むんだよ男は。その点、ユダヤ人ってのはやっぱ合理的だよな」
男2「なるほど、生まれてすぐ皮切っちゃうわけですからね、何だっけ。割礼か」
男3「へえ、じゃユダヤ人の男はみんなむけてんのか」
男2「100%。むけていなくちゃジューじゃない」
男3「くだらねえ」
男2「くだらねえ」
男子3人とも笑う。
女2「ねえ、ホントに脱がなくちゃいけないのかな」
男2「大丈夫だよ。佐藤さんびびりだから、女のこと脱がせるなんて事できないから。ぜいぜい水着だよ」
女2「ホント?」
女1「水着くらいなれるんでしょ」
女2「水着?って、ビキニじゃなくちゃダメなんだよね」
女1「スクール水着きるの」
女2「そうか」
男2「萌え~、あっ」
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/779-74fe8039

 | HOME | 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks