経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

可能性は残されていないか?

5/4
 僕はメジャーな映画の台本を書いてみたいし、世界に通用するミュージカルを生み出したいという大それた夢がある。芝居も自分でプロデュースする小劇場だけでなく、ちゃんとした資本がバックについた作品の台本も書きたいし演出もしてみたい。それは自分のプロデュースでやってる限り、やれることにあまりにも限りがありすぎて悔しい思いばかりだからだ。こういう俳優とやってみたい。こういう舞台美術でやってみたい。こういう編成の音楽を買いてみたい。10回の公演をやって、できないことばかりで本当に悔しいのだ。
 この5年懸命に頑張っているが、何しろこの歳である。そして、プチ有名人である。世の中でついたイメージもある。僕は決してそれらは足かせになると思っていなかったのだが、台本書きも3年もやってみると、それがどれだけ大変なのかは良くわかった。
 先日も「佐藤さんが20代だったら最高なのにな」と言われた。20代ならではの伸びしろがあるということなのか?僕が少なくとも言えることは、20代の頃の自分よりも今の自分の方が、ずっと世の中がよく見えるようになったし、知性も感性も豊かになったということ。経験も積んだ。人への思いやりもできるようになった。
 僕は家族もいないし、創造活動以外に自分の生きる活力を燃やし続けるものはない。多くの人に世の中に出ることは難しいと言われるが、僕の人生はもうここまで来てしまった。だから、挑戦するしかないのだ。
 人生はやり直せない。でも、自分のやりたいことが、あるのなら、それに向かって頑張るしかない。
 そして、僕がそれ相応の成功を収めれば、きっと多くの人が思うだろう。人生は何歳からだってやり直せる!って。僕は自らそれを実践したいのだ。あと10年。とにかく可能性に挑戦してみたいと思っている。

 そして、もうひとつ大切なこと。僕の周りにいる若者が世の中に出られるように応援したい。着いてきてくれている仲間を大人として徹底的に応援したい。周りの人間が成功することを心から望んでいる。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/765-9c31e2e6

 | HOME | 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks