経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ゆりこ漬

1/20
 何かいろいろと忙しくなってきました。今日は親しい業界関係者と新年会。阿佐ヶ谷の「えん屋」というところに集まりました。僕がこの世界に入るきっかけとなったのは、テレビ朝日の「東京ソフトウォーズ」と「朝まで生テレビ」だと思います。前者は6ヶ月、毎月1回出演、後者は2ヶ月連続観覧席から発言しました。20代の終わりですね。そういう視聴者参加というところから業界に入ったのです。朝まで生テレビで、パネラーと一般観覧者で発言という両方をやったのは、僕だけじゃないかなあ~。
 両方の番組の構成をやっていたのが久利一さんで、僕を業界にいれてくれました。いまでも朝まで生テレビの構成をひとりでされています。久利さんは、伝説の番組「本気でドンドン」や日本テレビの「ザ・ワイド」や、まあバラエティから報道番組まで一気にやっちゃう放送作家。僕が久利さんと出会った時に久利さんは42~3歳。いまは63歳。ということで20年のおつきあいです。
 放送作家やディレクター、ジャーナリスト、コメンテーターなどが集まった飲み会でした。
 さらに、昨日は昨年、慶応大学の友人の軽井沢の別荘に遊びにいったときに、ドライブで新潟の岩の原のワイン蔵までいったときに買っておいた、「越乃寒梅」をお土産に出かけました。昨年12月に久利さんや峯さんという世話になった人たちに仏蘭西料理をご馳走させてもらったのですが、それを覚えていて、嬉しかったな~と言ってもらえました。その時に渡そうかと思ったけれども一升瓶で重たいから辞めたんです。

PC150003_convert_20110121112050.jpg
 2010年12月 渋谷の仏蘭西料理店にて 


 本当はそのときに渡そうかと悩んだのですが、一升瓶で重いので、今日までそのままにしておき、今日、お酒も喜んで持って帰ってもらいました。僕も人に優しくされるといつまでも覚えているたちですね。普通は、人への恨みは長く覚えていて、親切にされたことは忘れてしまうってのが多いですね。僕は反対です。

 もうひとつのお土産は番組で一度ご一緒させて頂き、ツイッターでフォローしあっている小池百合子自民党総務会長、お手製の「ゆりこ漬」です。選挙区の練馬だいこんを自ら漬けたという限定もの。これを持って帰ってもらいました。

P1150001_convert_20110121111956.jpg
P1150003_convert_20110121112017.jpg
 ゆりこ漬はシンプルで美味い!

 驚くのはおいしいんです。これ。小池さんは、万が一政治家から引退されたとしてもお漬物屋として大成功すると思えるくらいのおいしさです。 おいしい料理に舌鼓。懐かしい話に大笑い。未だに大人なのか青年なのか分からないみんなとの語らいは幸せでした。
 そのあと、比較的若い?グループでさらにはしご酒。これも楽しかったあ。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/724-41a83f03

 | HOME | 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks