経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ニューヨークに行ってきました。その5「美術館で美術する」

4/20
 今回の旅行では3つの博物館に行きました。最初にマンハッタンに行ったのはもう25年近く前。今回もいったメトロポリタン美術館もMOMAニューヨーク近代美術館も何回いったか分からないくらい行きましたが、P4180049_convert_20100422055351.jpg
今回初めて初めて言ったのが自然史博物館。あの映画「ナイトミュージアム」の舞台になったところです。プラネタリウムがスゴかったです。ウーピーゴールトバーグのナレーションで宇宙や星の誕生の話。ものすごい映像でした。恐竜もクジラも動物の剥製もおもしろかった。とても分かりやすい英語ガイドも最高でした!P4180034_convert_20100422055321.jpgアメリカの美術館の多くはフラッシュを焚かなければ写真を撮ることができます。自分が美術とどうやって向き合っているかを写真に撮ることによって切り取ることができます。ほら、何かひとつの美術品の感じがしませんか?外国は入場料が安いからと思う方大きな間違いです。例えば先述した自然史博物館ですが、入場料16ドル、アイマックスとプラネタリウムで16ドルで32ドル。結構高いですよね?P4180102_convert_20100422055413.jpg貴重な外国滞在の時間ですが、メトロポリタン美術館など傑作揃いで人が少ない。さらに、写真が撮れるので、こうやって写真に撮ってみて切り取ってみるとスゴく面白いです。影、後ろに何が写っているか。ほら同じ作品も方向によって違う雰囲気になります。後ろにいる人まで含めてこれもひとつの作品といってもいい感じです。P4180107_convert_20100422055437.jpg美術の作品との対峙が本当に面白いです。もう一度入場料金の話にさせてください。いまのマンハッタンの美術館の入場料は原則20ドルです。安くありません。ところが、MOMAは金曜日の午後4時から閉館の8時まで無料になります。だからものすごい人が来ます。入場するまで20分くらいかかったりしますが、本当に人だらけ。勝手な感想を言ってますけど、それを聞いてるのも面白い。それに、日本でやる大型の美術展よりは人が少ないです。P4180132_convert_20100422055505.jpgそれから、メトロポリタン美術館は20ドルですが提案料金です。5ドルしか払えない人は5ドル。30ドル払える人は30ドル払って入場します。無料ではないですが、自分で気に入った金額だけ払えばいいのです。僕は自分で予定滞在時間で払うことにしています。30分の滞在で5ドルくらい払おうと思ってます。2時間くらいいるのなら20ドル。3時間なら30ドル、1時間なら10ドルくらい払うことにしています。それから手元になる小銭も出します。幾らでも何にも言われません。午前中は本当に人がいないので、メトロポリタン美術館は本当におすすめです。上のオブジェもメトロポリタン美術館の作品です。メトロポリタン美術館は絵画は16世紀くらいから現代アートまでありますし、エジプトやアフリカ系の、いや中国や日本の陶器などの美術品などさまざまなものがあって圧巻です。本当は一日掛けてゆっくりみたい場所です。それでも美術館は歩き回るので結構疲れるのでだいたい2時間くらいかなあ、滞在するの。
 


スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/660-00789593

 | HOME | 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks