経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ライブドアからの仕事

2/8
 今日もいろいろと忙しかった。午前中は経済とHの勉強会参加希望者との面接を何件か行う。同席した今井と色々と話しながら渋谷へ。渋谷のエクセル東急ホテルの5階カフェでミーティング。ちょっと大変なんだけど、正直、相当譲歩した。これで向こうが折れて来ないと面倒くさいことになると思う。その後で泳ぐ。泳ぐのが気持ちいい。その後で、テレビ東京の人がきて打ち合わせ。いろいろと大変。
 夜、何と話題のライブドアから仕事の依頼。著名人100人にライブドアについて物を書いてもらうんだと。ギャランティは安いが好きなことを書いて良さそうなので引き受ける。来たメールを公開(一部抜粋)。
 
「ライブドア事件」に関する寄稿のお願い
 突然のメールにて失礼致します。株式会社ライブドアにて「livedoorニュース」を担当しております(担当者氏名)と申します。
 弊社は2006年1月16日より東京地検特捜部及び証券取引等監視委員会の捜索・押収を受けました。
 また、1月23日、当社代表取締役社長兼最高経営責任者(当時)の堀江貴文、ほか3名が証券取引法違反の疑いで逮捕された事実を確認いたしまして、
関係各位に多大なご迷惑をおかけするとともに、各種報道において連日厳しい批判を頂いております。
 このような現状ではございますが、ポータルサイト「livedoor」には、月間約 1400万人のユーザーの皆様のご来訪を頂いており、
ある種メディアとしての「公共性」を備えているものと考えます。
 今回livedoorニュースでは、上記の認識に立ち、メディアとしての自浄能力、自己批判能力を発揮すべく、
「ライブドア事件」に関し、各界の有識者、オピニオンリーダーの皆様からの寄稿を頂くコーナーを企画致しました。
つきましては、佐藤様に下記の通りご寄稿を頂きたく、ご連絡を差し上げました。



【取材概要】
(1)期間:(具体的日時)
(2)方法: 送信した「質問アンケート」にご返信を頂き、ポータルサイト
「livedoor」上の特設ページにて全文掲載させていただきます。
 ※ご返信は、本メールに返信していただく形で結構です。
 全文を掲載させていただきますので、分量等の制限はございません。(本来は分量でなく文量のほうが適切かも 記:佐藤治彦)
 いただいた原稿は、http://blog.livedoor.jp/ld_opinion/
 にて掲載させていただきます。blogの形態をとっておりまして、
 トラックバックのみ許容するように致しました。ご了承ください。

(3)ご意見をお聞かせ頂きたい項目:
・ 企業としての「ライブドア」について
・ 「ライブドア事件」について
・ 「堀江貴文」という人物について
・ その他、ご意見・ご指摘等ありましたら、ご自由にご記入ください。

image221.jpg

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/66-d6b2abfd

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks