経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ニューヨークに行ってきました。

1/25
 新年開けてニューヨークに1年ぶりくらいに行ってきました。

P1220188.jpg

今回は長めに8泊もしました。僕のニューヨーク行きはたいていは観劇が目的の大半で、あとは買物です。そして、今回はオバマ大統領誕生時のアメリカの熱気を感じていたいってのもありました。
 いつもの全日空で。ところが、ご存知のようにものすごい景気後退の荒波が押し寄せて、それはブロードウェイでも同じで、見たいと思っていた作品が僕の来日直前に5本も6本も終了してしまったのです。着いたらやってない!って感じで相当ダメージ受けました。ま、それでも山ほど見まして、何を見たとかそういうのは、僕の別ブログ「佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評」っていう批評でも何でもない観劇日記をごらんください。何しろ映像もたっぷりあるので、ブロードウェイの今の舞台の様子が良く分かります。それでもひとつだけ、ハリーポッターのダニエルラドクリフが「エクウス」っていうたいそう難しいファンタジーとはかけ離れた、頭の中がファンタジーになってしまった青年の芝居に出ているんですけど、最後にね、彼女と全裸でファックシーンがあるんですよ。もう長過ぎて。何だこれ!っていうくらい。
 13917888_2007020210061556495100.jpg
 きっとハリーポッターのイメージを早く脱ぎ捨てて次に行きたいんだと思います。20年くらい前に天才子役と言われた「ホームアローン」のマコーレカルキンみたいになりたくないもんな。分かります。まあ、文句いいつつ芝居は山ほど見たのですが、選択肢が変わりましたね。
 前から一度行きたかった、ウディアレンの生ライブもとうとう行きました。ニューヨークといえば、ウディアレンです。ウディアレンはアッパーイーストというそりゃ金持ちエリアにお住まいなのですが(まあ、自分もかつては住んでいたが)80分のライブはとても楽しく、75丁目くらいにある高級ホテルカーライルホテルのカフェで年に30本くらいはライブをやっているんですね。それで行きました。南部系の古き良き日のジャズって感じで、まさにウディアレンが映画で使っているような音楽で、「私の青空」「運がよけりゃ」みたいな名曲を次々とやり、最後には歌まで唄ってくれたのに。来ているお客さんお大半は音楽よりもウディアレンを見ることの方が大切なようで、ずーーーーーと写真を撮ってる。それもフラッシュ炊いて。そういう自分も最後は我慢できなくなってフラッシュなしで撮影してしまいました。眠そうな顔していますし、自分が演奏していない時は目をつむり下を向いているウディ。演奏後、知り合いの女性と歓談してキスして帰って行きました。
 P1200283_convert_20090128114951.jpg
 ニューヨークで見たい見たいと思いながら見ていないもの!バスケ!ちょうど試合があり、ニックスVSシカゴブルズの試合がマディソンスクエアガーデンであったので見ました。接戦でニックスが勝利し大フィーバーでした。バスケってチケット代が高くコート近くだと10万円以上する席もあるそうです。僕の座った席も1万円くらいなんですけど、入り口でダフ屋のアフリカ系黒人とジョークを言い合って25ドルにしてもらって見ました。そういえば、メトロポリタンオペラなんかは、窓口でいい席がなかったので、人差し指を1本立てて(中指じゃないですよ。)1枚欲しいって入り口で立ってました。4000人も入る巨大なメトロポリタンオペラハウス。多くの人がそうやってます。で、知り合いがこれなくなった人なんかが適当な値段で売るんですね。まあ中にはダフ屋もいて高くなったりすることもあるんですけど、そしたら、チケット貰っちゃいました。それも1階のとてもいい席なのに。きっと連れの彼女が来なかったからでしょう。ありがたいですね。考えてみたら2回目です。前は招待席をもらったんですけど。100回以上行っているメトで2回目。いいんですかね。P1190185_convert_20090128115014.jpg
 年末にパリに行った時に買った「ミシュラン」ニューヨーク版。今回はそれを片手に食事も堪能しました。ミシュランの星を6つ頂きましたよ。そして、洋服も山ほど買いました。カルバンクライン、ベルサーチ、そして、アバクロ。自分に似合うかどうかじゃなくて着たいかどうかで決めてるんです。山ほど買いました。全部で25着。買い過ぎですよね?
 観光はほとんどありません。最初の4泊はニュージャージーに泊まり、あとの4泊はミッドタウンのアパートメント。ワシントンスクエアをちょこっと歩き、スタテン島に行ったくらい。まあ、そんな感じです。ほとんど芝居、グルメ、ショッピングです。
 そんなこんなのニューヨーク行き。すっかり仕事もたまって大変です。次回は今年末から来年の初めに行こうと思います。

 P1220128_convert_20090128114923.jpg


 


 
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/572-b1d61231

 | HOME | 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks