経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

文七元結

12/13
 友達のミクシイ日記を見ていたら文七元結を鈴本で観たとあった。暮れにきくのはそりゃいいですよね。
 最近の日課は前にも書いたけれど久しぶりに11月の末に10年ぶりくらいに図書館にいってから、毎日通っている。世田谷の図書館にあるそれをすべて借りる勢い。借りて聴いているのだけれど、そういえば、文七元結ってあったよなあと、志ん生のできく。そうそうこういう話だった。ホント単純な話で考えてみるとひねりもないのです。しかし、その人物描写が見事なので、聴いてしまうものであります。しかし、悔しい。志ん生がどんな顔して、そんな仕草で演じているのか。見たい。昔、友達の家で山藤章二さんのアニメみたいので見たことがあるけれど、あれなら音源だけの方がいい。志ん生の映像ってほとんどないのかなあ。1970年代まで生きていた人だからあっていいはずなのになあ。
 そう思うと、どうしても欲しくなるものがある。それは志ん朝さんののDVD全集。確か4万円くらいなんだけど、欲しいなあ。ところがさ、これが買うと見ないんだよね。男ってコレクションするのが好きだから。買いたいんだけど、それをすぐにってわけじゃない。いつでも見られるやとなってしまうと、買ったまま放っておいたりする。でも、欲しい。いま欲しいものは志ん朝さんのDVD。誰か持ってる人に借りて見ればすぐに見て、ああ、全部すぐに見たいやとなって買うんだろうけどね。
 僕は落語のDVDは、談志さんの6枚組をもっているのと、志の輔さんの新作落語のをちょっとあるくらい。ほとんど持っていない。
 志ん朝さんは生きている時に、お体が悪いときいて慌てて観に行った人。すぐに亡くなられて。行って良かったなと思っているそれ。生きているうちに見ておきましょう。何事も。池袋演芸場の一番前のど真ん中で見た。
 ところで、恥ずかしながら、本日初めて 文七元結ってもっといって読むって知った。志の輔さんの編纂された落語の本を書棚から引っぱりだしてあれ、これって何て読むんだっけって。それで、知ったんです。今までもとゆいって読んでいた。まあ、麻生太郎さんもあんなぐらいなので、許して下さい。麻生さん、これ何て読むかな。
 麻生さんのことがあってから、当てずっぽうで思っている漢字のことをきちんと調べるようになった。なにもかにも音痴でダメな麻生さん。おかげで助かっています。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/552-af8c6ead

 | HOME | 

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks