経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

柳家喬太郎さんの独演会

8/23
 オリンピックの野球が全然だめで、シンクロの団体も上手く行かなくて、それでなくても体調もイマイチなので、もう面倒だから行くの辞めようかとまで思ったけれど、家にいても何もせずダラダラ酒でも呑んでしまいそうだと思い直し、ホントに突っかけで、紀伊國屋ホールの柳家喬太郎さんの独演会に行く。行くと主催の都民劇場の理事さんやら参事さんやらとかがどんどん挨拶に来て下さる。どうも、この前、ラジオで都民劇場のことを話したらものすごい反響があったらしい。恐るべしラジオ。古典2作で子別れと井戸の茶碗。本当に面白く、この噺家の時間を満喫した。僕は落語のことはなにも分からないので、ただ見ているだけ。思うことは、喬太郎さんの演技力。キレの良さ。もちろん話を作り方も素敵なのだが全身で演じているのが良く分かる。
 休憩中に小宮孝泰さんが話しかけてきてくれた。喬太郎さんを知ったのは小宮さんが喬太郎さんに「粗忽の釘」の稽古をつけてもらっているのを見せてもらった時だ。
 楽屋に挨拶に行こうと誘ってもらう。すると喬太郎さんも覚えていて下さって恐縮。
終わったあとの打ち上げ、飲み会にも誘ってくれて、お邪魔する。都民劇場の方も入らして居所が悪いが、まだ喬太郎さんは僕に興味をもっていてくれていて、いろんなボールを投げてくる。それも12時くらいには終わったのだが、小宮さんはもう1軒行こうと誘ってくれる。で、ちょこっといい飲み屋さんへ。
 子どもの頃から、見知った赤信号の小宮さんと呑んでいるのも不思議だが、小宮さんは狂言にも落語にも、それこそ真面目過ぎるくらいに取り組む姿勢が尊敬する由縁だ。ラサールさんも小宮さんも本当に大好きな演劇人なのだ。
 小宮さん、お酒が入ったらしく悩みを話して下さったり、ものすごい提案も言って下さった。酒宴の席のことなのでここには書かないが驚いた。世の中の人が少しずつだけれど、僕の演劇活動を認めてくれる人が増えているような気がする。
 images_20080825010151.jpeg   images-2_20080527034629.jpeg


 店の看板まで呑んで帰る。僕は始めたのは本当に遅いけれど、死ぬまで続けたいものにやっと出会ったのだと、思った。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/535-7c78d608

 | HOME | 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks