FC2ブログ

経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ドゥーズ サハラ砂漠へ チュニジア

1/30
 朝は山岳オアシスツアーというオプショナルツアーがあった。何でも映画「イングリッシュペイシェント」の舞台になったらしい。アカデミー賞8部門受賞の名作である。でも見ていない。タイトルが英国人の病人だもんなあ。英国病?分かんないけど。オプショナルツアーに参加しないということは自由時間。こちらを僕は取る。街を散策したのだが、雨の上にデジカメのバッテリーがなくなった。こちらのホテルは日本式のソケットは使えないので電気屋さんで購入。午後からの画像があるのはそのおかげだ。
 カフェでお茶をする。0.2ディナール。15円である。image1093.jpg

image1097.gif


ホテルを出ると車窓から初めはオアシスが見えたが、どんどんなくなり砂漠でなく土漠がどんどん増して行くサハラ砂漠が近いことを認識。

突然塩湖。夏は干やがりキラキラ輝くという。そこにこの数日雨が降ったので水面が白く奇麗だった。その塩湖の真ん中にお土産物屋あり。2ディナール180円で塩売り。正直ぼったくりだった。僕は買わない。みんなは買う。


image1095.gif


塩湖でポーズ。どうでしょうか?

image1085.jpg

image1091.jpg


塩湖の休憩所でぼったくり塩商法の男。服はカッコいい。
塩湖のトイレに駆け込むおばさんたち。多数のおばあさん含む。


image1087.gif

image1101.gif


昼メシ後にドライバーのムラットさんにマフラーをターバンとして巻き付けてもらいポーズ。そして、いざラクダに乗りサハラ砂漠を行く。雨の後なので濡れている。砂漠の雨とは何でしょうか?

image1081.gif


ほらね。こんな感じで30分乗りました。ラクダは希望者だけだったんだけど、ここでのスターは80歳近い船橋からやってきたおじいさん。普段は歩くのも大変なんだけど、ラクダだけは絶対乗ると言い張ったらしい。乗るとそれまでの表情が代わり明るく楽しそうな顔に、一緒に来ていた50歳の息子さんもいい人で、この親子とはよく話した。

キャーキャー言ってたのは、若い5人組。男二人と女3人。なんかあいのりの雰囲気なのである。何か馬鹿ではなさそうな顔だけど、一部の大人の間では顰蹙を買っていた。オレは、若い奴らはどうでもいいや!でも面白くない奴はダメ。
スポンサーサイト



コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/53-258ddf83

 | HOME | 

Calendar

06 « 2021/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks