FC2ブログ

経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ローマの休日

1/28
 目覚めても勿論ローマである。まさかローマに来るとは思っていなかった。しかし、廻りにローマを感じさせるものは何もない。ローマ発の飛行機はなんと15時30分。時間がありすぎる。しかし、ホテル出発は11時だとか。アリタリアがフライトに見合ったバスを提供しなかったのだ。超早くヨーグルトだけ食って、ホテルのフロントでローマの名所に行くための案内カードをもらい。荷造り、ベルチェックに預け、7時30分ごろ外に!最寄りのメトロの駅、A線のコルネリアまで、歩く。途中、誰かに呼び止められる。「ポリス、パスポート見せろ!」何か普通の車に怪しい男。一応警察手帳を見せて警察だと主張するのだが、おもちゃの銀バッジにイタリアのシール。旅行者ならこれで騙せると思っているんだなあ。オレも呼び止められた瞬間は焦った。警察手帳を見せろといってもその銀バッジとシールのところしか見せない。個人のIDを見せろというと、お前は日本人か。ならいいとか言ってた。ニセポリスである。ちょい気合いも入りました。
 メトロの駅で一日券を買った後は、地下鉄とバスを乗りこなし、バチカンに入りサンピエトロ大聖堂で祈る。誰もいない朝のスペイン階段。朝からにぎわっていたトレビの泉。ベネチア広場のエマにエーレ2世記念堂や、コロッセオを見る。ミラノのガイドブックはあったけど、ローマはない。ホテルに地図もないので、人に山ほど尋ねて歩き回るしかない。ベネチア広場からバスで帰ったのだが、途中、ヴェルディの「トスカ」終幕。トスカが恋人の銃殺に絶望し身を投げるサンタンジェロ城を見ることもできた。バスの車中からオイラが見て喜んでいるのを感じてか、市営バスの運転手さんは10秒くらい止めてくれた。「グラッチェ!」そう言うと、ニコッとセニョール。「サンタンジェロ!」と運転手さん。僕は「トースカ!」と返す。うなずくセニョール運転手。いい感じだった。
 ホテルに戻り空港へ。空港を歩き回るがつまらないので、空港駅の方に出る。そしたらイタリア人ばかりが食ってるピザ屋があったので食う。信じられないほど旨かった。3ユーロしなかった。空港ではアルマーニも購入。いよいよアリタリアでチュニスに入るのでありました。
 

 image1009.jpg

image1029.gif

image1011.gif

image1025.jpg


 朝のバチカン、サンピエトロ大聖堂。

image1023.gif


 サンピエトロ大聖堂のドレスコード表

image1041.gif


 ローマ的な記号は街中に溢れる。この二人の会話はイタリア的。胸には十字架

image1045.gif


 朝のスペイン階段にオードリヘップバーンを見つけることはできない!


image1043.gif


image1013.gif


トレビの泉は朝も早くから結構人が。三分間写真屋さんはデジカメ普及で経営危機。


image1031.gif

image1017.gif


トレビの泉に来るのは3回目?4回目?来るよりもここへの行き方をいろんな人に聞いて教えてもらったのが楽しかった。トレビの泉に集う外国人を遠巻きに眺めるイタリアオヤジ。ちょい悪?
image1033.gif


 コロッセオは映画「グラディエーター」でますますおなじみに!

image1019.gif


 エマニエル2世記念像はいつ見ても荘厳。ベネチア広場。

image1021.gif


 バスの運転手さんが止めてくれたので撮れたサンアンジェロ城は
 オペラ「トスカ」の舞台。個人的にはスカルピアの方に興味あり。
スポンサーサイト



コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/50-67968c0f

 | HOME | 

Calendar

07 « 2020/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks