経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

小宮孝泰さんと44さん

5/26
 ラジオやったり、原稿やったり、雑務(ドコモの請求書を送ってもらわないようにしたりの手続き これで毎月105円安くなるんです)したりとあるのだが、北千住のシアター1010まで水谷龍二作のNHKのドラマでやった競馬の予想屋さんの話「そのまま!」を観に行った。相当遅れてしまったのだが、テレビで見ていたので話は良く分かっていて、小宮さんは今回も美味かった。芝居の内容は演劇批評のページで。楽屋口で小宮孝泰さんを待っていた。images-2_20080527034629.jpeg
小宮さんから聞く芸談や芝居の話はエネルギーにあふれていて大好きなのだ。人の話もきいてくれる先輩。
 楽屋口で待っていると、このお芝居に出た人、観に来た方々。いろんな人に出会える。今回の出演者に東京ヴォードヴィルショーの山本ふじこさんがいて、大好きな女優さんなんですが、面識がないので、手みやげを持って行くのも変だよなあと思って、出がけにさんざん悩んで辞めたのだが、何と向こうから挨拶してくださった。images-3_20080527035455.jpeg
本当にメチャクチャ美味い女優さん。それだけでなくチャーミング。この人が舞台にいると何か全体が明るくなるのである。芝居に対して誠実に取り組まれているのが良く分かる。技術がスゴいのに技術に頼らない。実は東京ヴォードヴィルショーにはそういう役者さんが山ほどいる。今日の山本さんも本当に良かった。お芝居の中に溶け込んで、その場の空気をきちんと作られて素晴らしいのです。台詞を言ってないときの山本さんのスゴさ。スゴいです。ああいう風に佇む難しさ!!!誠実な女性の役柄が多い様に思うのですが、例えば、騒音おばさんみたいな役柄をされてもきっと美味い。あの騒音おばさんの狂気と哀しみを出せる女優さんだと確信しています。僕は山本さんは、いつかぜひ市原悦子さんと四つに共演したら面白いと勝手に思っている。あと西田敏行さん。他にも放送作家であり劇作家であり、演出家でもある長峰さんがいてご挨拶。そうそう、NHKの朝ドラ「瞳」の吉武君がいた。pic_yoshitake.jpg
気のせいかな?吉武君が僕の顔を見ていたので、あれ、誰だっけ?俺知ってるのかな?俺もこの顔知ってるな?アレ?えーっと、と思ったけど、テレビの人だった。この吉武君ですが、いま「瞳」を見続けている大きな原動力は西田敏行さんですが、この吉武君もスゴい俳優です。忘れられないのは4月19日の放送。一度高校進学をしないと言いバイトを始める。その理由を物干で西田さんに吐露するシーン。瞳の今までの放送の中で一番いい名シーンです。朝から泣いてしまった。今も保存して時々見ています。そか、テレビで毎日見ているすごい俳優さんだと思っていた人が目の前にいたから、「いつも見ています」と言いそうになったのだが、それって、いわれるのが結構恥ずかしいことだと自分もしっているので我慢した???
 あと、僕は神道ではないが、素敵だな。やっぱりこういうことができるからこの俳優さんはいいんだよなと思ったのは大沢健さん。images-4_20080527040306.jpeg
帰りがけに「あ、そうだ!」と言って、楽屋口の神棚に柏手をうってお祈りして帰られた。一日の締めを感謝で終える男は間違いない人です。僕は俳優という仕事は、技術や見栄えも大切だと思うのですが、その人がどういうことを大切にして生きているのかということが特に舞台では出てしまう物だとつくづく思っているんです。そういう意味でも僕は本当にダメです。
 というわけで、楽屋口はそういう人間模様を垣間みられて面白いです。
 小宮さんのお客さんたちと飲んでいると、そのひとりが演劇人の44さんだと知った。前から会ってみたかった人だったのです。写真で見るのと全然違っていた。ものすごいパワーだった。
 酒宴には、大好きな俳優、朝倉伸二さんもいてホントに楽しかったです。朝倉さんが作演出をされた二人芝居はもう5年以上前なのかなあ。いつ次回作をされるのか、会う度にきいてしまうくらいです。images-1_20080527034622.jpeg
(スゴく美味く味がある朝倉さん)
 というわけで、今日もお芝居三昧でございました。仕事は午後3時までに終わらせて、お芝居漬けというのは幸せでした。

今日は画像の無断借用すいません。怒られるかな?
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/493-a8980dd2

 | HOME | 

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks