経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

オスロ

5/9
 朝5時ホテル発。なぜか僕の部屋には4時にくるはずのモーニングコールなし。5時に添乗員の電話で起きる。前の日に荷物はまとめておいたのだが、5時出発のバスを5分待たせる。ゴメンナサイ。朝はランチボックスで、みな黙々とバスの中で食べている。僕は今宵もコンサート予定なので、食べずにとっておくことに。お腹もすいていなかった。飛行機は7時半発。空港着は6時前。そんで、空港についたらANAのゴールドカードで、エコノミーエクストラなので、ラウンジが使えた。そこで、サラダとコーヒーと少し食べた。飛行機に乗ると、エコノミーは有料なのに、エクストラはまともな朝ゴハンが出た。結構、お腹いっぱいになった。
 オスロには、8時半着。早速観光。有名なフログネル公園は、何か北欧ぽかった。写真では山ほど見たが目で見ると良かった。
 P0913.jpg
P928.jpg


国立美術館は43室がムンクの部屋で、叫びほかあって、面白い。また、37室が印象派。いいものは3点。ピカソの青の時代、ゴッホの自画像。ドガの油絵は二枚のうち1枚が良かったなあ。多くはノルウェーの画家なのだが、この前の東京都美術館で見た日本の洋画家と同じように、時代のトップバッターの亜流のものが多かった。王宮など見る。王宮の前の芝生にも陽射しを楽しむ人が。皇室を楽しませるためか?
P5035.jpg
P50022.jpg
(背中ごしの写真じゃつまらないので…と撮った写真。彼女と目があってしまいバレバレ。でも彼女は笑顔で答えてくれた。)
マンマローザというイタリアンで昼飯。出たのは野菜サラダと牛肉と野菜の煮込み。イタリアンじゃないね。豪華なレストランで安い食事。これは、阪急交通社のツアーで良くあるパターン。
 終わって2時間フリータイム。こういうのが嬉しい。湾内クルーズ、トラムで時間をつぶしたり。今回の旅行の最大の失敗。イプセンの家にいかなかった。忘れた。馬鹿だった。ホテルに行き、夕飯まで時間があるというので、朝のごはんを食う。満足。身体を洗い、近くのショッピングセンターを通って再びオスロへ.オスロフィル.
P1096.jpg
(シンフォニーホール)
素晴らしいブラームス。NHK交響楽団でもこのような名演をやってください。ブロムシュテットさん!終わって帰るのだが、どうも自分の乗っている車両では、駅の駅名がいちいち見えない。心配になって、途中駅で停車中に車両を換えようと、前の方に行こうとしたら、車両前移動失敗!乗り遅れて、ホントに寂れた駅で30分も電車を待つことに。P5096.jpg
無人駅の上に、ここは電車は来るが通過するばかりで不思議な30分。暮れ行くオスロ郊外の良く分からん駅。ところが駅のベンチから臨む風景がムンクぽくて。P507_20080521154625.jpg


P1910.jpg
この失敗もいいものだと考える馬鹿げたポジティブシンキングに。帰って残った朝ゴハンとボルドー。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/476-ed870943

 | HOME | 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks