経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ストックホルム

5/8
 朝早く、それも4時前後にデッキに行く。朝焼けが美しいと聞いていたからだ。他にひとりいた。いやあ、美しかった。映像をアップしているので見て欲しい。
 p666.jpg
ストックホルムに着き市内観光。7時ごろには観光が始まる。というか、ごぜん9時半かの市庁舎のオープンまで時間をつぶしている感じ。mypictr_250x320.jpg
まあ、バスでぐるぐるいろいろと廻ってもらうだけでも面白い。そして、ストックホルムはメチャクチャ美しい街だと知った。ノーベル賞授賞式で有名な市庁舎。
P567.jpg
(ノーベル賞の受賞者の控え室からみたストックホルム)

P563.jpg
(ダンスパーディが開かれる黄金の間からみた市庁舎中庭)P5602.jpg
(中庭)
P586.jpg
(ノーベル賞授賞式晩餐会で使われるテーブルセット)

旧市街 ガムラスタンで30分のフリータイム。
P521.jpg
P519.jpg
P737.jpg

P509.jpg
(ヨーロッパの街並って感じですよね。しかし、環境保全に積極的な北欧らしく自転車が多いんです。ホントに多い。まあ、電車、バスに乗ると800円くらいするのも理由かもしれないけれど)
昼飯は中華料理。5品出てくるが、量が微妙なのでみんな遠慮しながら食している。午後は世界遺産 ドロットニングホルム宮殿観光。
P522_20080521145326.jpg
見たかった劇場が見られなかったのが残念。庭が美しいが、それをみるためにもらえた時間は15分。走って撮った写真がこれ。真ん中から撮らないとね。
 この時点で午後1時45分。で、このままホテルに入って夕飯食っておしまいというのがツアーのスケジュール。さすがに。これは…ということで、ここで離団。夕飯も要りませんとのことで、ポンポン船みたいなので市庁舎あたりまで川下り。
P838.jpg
P50kou.jpg

宮殿がだんだんと遠くになっていく。そこから、歩いてナショナルギャラリーへ。午後4時半くらいまでいた。100クローネの入場料。地球の歩き方には無料と書いてあったのになあ。でも、充実内容で満足。そこから、街歩きを始める俺。例えば、イングリットバーグマンが活躍した王立劇場など。王立公園で佇む。すると、陽が当たっている方にはホント場所がにくらい人がいて、日陰はほとんど誰もいない。P0848_20080521152814.jpg


Piuy9.jpg
みんな太陽を求めているんね。午後7時半。王立歌劇場で「トスカ」を聴く。生で見るのは何年ぶりかなあ。無名の歌手だが良く声が出ていて気持ちよかった。きれいなオペラハウスだった。P56.jpg

Pji67.jpg

 夜10時でもこんな感じ。オペラハウスは左側
終わって、電車を乗り継いでホテルへ。ボロいホテルで驚いた。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/475-d41df46a

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks