経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

誕生日にしたこと。

4/23
 誕生日。もうこういう年齢、こういう風体になると誰も祝ってくれるわけでもないし、何しろ自分でも喜べないし。昨日、確定申告の還付金が決定した旨の連絡が税務署から来て、それが嬉しい。とても嬉しい。普通なら誕生日くらい自分にご褒美をとか思うのだろうけど、俺は何かと自分にご褒美あげすぎて太り過ぎなので何もあげません、むしろ今日からダイエットとかしたい。
 昨日は芝居を観に行こうと思っていたのに、熱を出してダウン。まあ、おととい「ひなあられ」という面白い芝居を見て嬉しくなりすぎた反動かも。福島さんや、小林美江さん、劇作家で演出家の大御所中島淳彦さん、もうひとり大御所海援隊の千葉さん、それ以外にもブラボーカンパニーの佐藤さんとか、ふくふくやの清水さんとか、テレビドラマのプロデューサーさんとかとも遅くまで談笑できて面白かった。で、ある人に「佐藤さんは、一般的には士農工商の上かもしれないけれど、演劇界では最下層」と言われたので、「いや、それ以下の放送禁止用語です」みたいなことを夜中なので言ったのですけれど、演劇界の中に入れてくれただけで嬉しい。こういう人が少しでも増えるといいなあ。入れてくれない人も少なくないもんな。演劇界のメジャーの中に入れてくれたのなら、あとは上に行くだけだ。上って何?あと、誰かが「佐藤さんでかくなりすぎてゾンビみたい」としつこく言っていた女優がいた。僕の大好きな女優でいつもはとても優しい人なので、相当気持ちが引き締まった。痩せるぞ。
 夕方、実は経済とHに入りたいという男がいて、まあ、一応入る方向ということなのですが、急に訪ねてきた。24歳。不安と希望に震えながら生きていることが良く分かった。頑張れ。
 佐藤B作さんのことがニュースになって心配で関係者にきいてみたり。でも大事でなかったようで一安心。良かった。
 誕生日なので、もう3年前からやりたかったけれど、面倒でなかなか時間がなくてできなかったことを思い切ってやった。それは、アイポットの音楽総入れ替え。18ギガの音楽を入れ替えるってのは相当の作業が必要。Itunesに入っているそれぞれが大切な曲を全部をそこに押し込むことはできないし、CDを買ってきたまま放っておいてあるのもあったりで、先ずはパソコンに入れて、そこから、18ギガ分を選択する。いやあ、大変だった。しかし、これで相当良くなった。ワーグナーのオペラがほとんどアイポットからなくなったのがちょいと残念。代わりにクラプトンとか、吉田拓郎とか、いまさら、B'zとかMisiaとか懐かしいところでエポなんかを入れてみたよ。これ連れて外に出かけると最高さ!
 ちなみに次の旅行は北欧(ノルウェーを中心に、デンマーク、スウェーデン、フィンランド)です。
  誕生日で前に人から、有頂天ホテルって映画のDVD版のオーディオコメンタリーで、三谷幸喜監督が、僕のことを名指しでしゃっべっているよと言われて、嘘付けと思っていたので、買ってきてチェックした。前にレンタル版で借りたときには、コメンタリーがなかったのです。そしたら、ホントにしゃべっていた。まあ、ちっとも有頂天になれる内容ではありません。そんな誕生日でした。誰か祝ってくれ。気持ちだけじゃなくて。この歳になると人からモノを貰うことが少なくて。
 images_20080423204819.jpeg

 有頂天ホテル 三谷幸喜監督

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/457-667d79f0

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks