経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

必見!劇団扉座ドリル魂

 自分の主宰する演劇ユニットの公演が間近なので他を推薦している場合ではないのだが、ぜひ見て頂きたい舞台がある。それは、劇団扉座「ドリル魂」である。劇団扉座を必死に支えてきた犬飼順治が絶対安静の状態におかれてしまった。脳内出血だ。
 しかし、劇団初の池袋サンシャイン劇場での公演が29日と30日に迫っている。そこで、しばらく舞台からは遠ざかっていた演出家茅野イサムと扉座の看板岡森諦が代役を3日で仕上げ舞台にあがるという。いま眠らずにたった2回の公演のために必死の稽古をしているはずだ。二人とも扉座を支えてきた名優である。そして、劇団は始めての大劇場の公演で、最大のピンチを迎えているのだ。しかし、芝居はミュージカル。人々に生きる勇気、前進して行くことの大切さを掲げた作品だ。
 こういう舞台には間違いなく奇跡が起こる。とてつもないパワーが炸裂するからだ。劇団の最大のチャンスに最悪の危機。そこに劇団の名うてが馳せ参じて危機を打開するために一肌脱ぐ。必死に死ぬような思いの中でその場に立ち、何食わぬ顔でクールに笑って舞台を務めるのだ。
 こういう奇跡は何年に一度しか出会えない。それも劇場に行ってからしか出会えないものだが、今回は約束された奇跡の瞬間を目撃することができる。
 残念ながら私は稽古のために行けないが、しかし、もしも、私の稽古が何らかの理由でなくなったら、間違いなく劇場に行く。そして、奇跡の瞬間に立ち会いたいと思うのだ。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/365-11a6b4bc

 | HOME | 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks