経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

自民党総裁選

9/18
 失敗ですね。失敗。あの小泉さんのときのようにテレビを自民党総裁選で埋め尽くそうと思われたのかもしれませんが、もう下火です。そんなメディア頼りなんかしないで、もともと長年の政権与党なのですから、自信をもって、しっかりした政権基盤を作って頂きたいと思います。
 ヘンテコな対米追随外交からの脱却。いたずらな憲法改正を辞める。格差社会の是正。農業基盤の整備。基礎教育の再構築ときちんとしたセイフティネットの構築。財政再建と発行済国債に対する適切な対応をやっていただきたい。
 特に格差是正に関しては、民主党にやられそうだからと、安易で不要な地方ばらまきは絶対に辞めて欲しい。何で地方経済を育てる施策はやらないで、地方に対するカンフル注射みたいな場当たり的な公共工事のばらまきばかりをされるのでしょう。
 もっとはっきり宣言した方がいいと思います。公共工事はこれからも毎年3%減額。それも、市場原理を働かせて儲けのない発注ばかりになるよと。そうしたら、人間生き残って行きたいわけですから、どうにか変革しなくてはと思うわけです。政治はその変化に耐えられない個人をフォローして行けばいいのです。もちろん自ら、もういいや!って思われる個人の方もおられるようです。もっと何かしてくれないとねえっと。若く健康な方はそれは自らの選択なので何もしてやる必要はないでしょう。
 しかし、北九州方式みたいなのは全く持ってダメです。あれは鬼です。地獄です。
 総裁選。少なくともどちらがなっても、今の政権よりはまともなものとなりそうです。オボッちゃま政権から重厚な政権へ変わりそうです。そうなると。民主党との本格的な政策論争が始まりそうな感じでワクワクしております。例の農家へのばらまき施策などは自民党はどんどん非難して欲しいと思います。都市部の票が自民党に戻ります。そこいら辺のやり取りが楽しみです。
 田原総一郎さんの活躍が楽しみです。テンション上がるんだろうなあ。そろそろ朝まで生テレビにもまた呼んでもらいたいですね。
 それから胡椒のような存在であるべきの社民党・共産党もそろそろ生き残るためにもキチンと対応してもらいたい。党内ばかりを気にして自滅されるのなら仕方ないですけど。人が忘れてしまいがちなポイントに光りを当てる存在は必要ですから。
 そして、公明党。あえて毒を飲み政権の中枢に入ってもう何年になるのでしょう。ぜひ、自民党が右ウィングを切った時には、ブレーキをかけて欲しいです。言うこときくことないです。ホントに頼みます。実はすべての政治の肝は公明党が握っているのかもしれません。ただ、この数年は小さな補助金とかそういうところばかりに気が回って、もっとどでかいところで自民党の金玉を握りつぶすぞって脅しているようなことがなさ過ぎます。小柄なのにでかい象を操った時、それが、平和と庶民の幸福、生活の向上につながるものであったとき、私はあなた方を尊敬しようと思っています。
 
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/363-c23f58c2

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks