FC2ブログ

経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

いいかげんにしてくれないか!

1/20
 今日もNACK5「佐藤治彦のモーニングリポート」。その後で勉強、雑誌の取材も受ける。今日は早めに家を出る。というのも、和田憲明さん演出、鈴木省吾プロデュース、明日図鑑の牧田さん作の舞台のチラシ用の写真撮影。ちゃんとプロの写真家が取ってくれるんだけど、共演者で目がクラクラした。詳しくは経済とHをご覧くだされ。クラクラするでしょう。その写真撮影、上半身裸で360度全方位から撮る。いろんな人に見られていて恥ずかしい。ぜったい痩せてやる。もっと筋肉もつけてやると決意。正直、普通はそんな脅威を感じさせない感じのいい、そして、芝居も品の良さを感じさせる上手さのあるハイリンドの多根君までフェロモン全開の撮影をするんだよ。多根君いい感じです。ハイリンドのホームページを観てもそのセンスの良さ、路線の良さにショック。負けたくない。こんな感じでいろいろとショック。このショックはその後の勉強会にも続く。二人で掛け合いのところでは前よりいいと言ってもらえたのだけれど、一人独白台本では、和田憲明さんから「少しは積み重ねてくれないものか?いいかげん!」と言われてしまった。これだけ敬愛し、何とかあなたの目ざす芝居をやりたいと思っている自分なのに、それが全く出来ない哀しさ。悔しさ。もっと命を入れようと時間を割かねばと決意する俺。稽古場から新玉川線の駅までの目黒川で泣いた。でも泣いても何も出て来ない。結果だ。結果!!!!!!!!!でも、この佇まいはナルシストに陥るのではないかと怖れたほどだった。
 雑誌の短い取材を受けた後,上野へ。「花ふぶき」で食事。NACK5や文化放送でおなじみの大野勢太郎さんと。うまい鶏すき(別項参照)。その後、元文化放送アナウンサーの田崎さんと流れて渋谷の「杉の子」へ。この30年以上もやっているバアは二人の老夫婦が切り盛りする。前はしょっちゅう来たのだが、最近は経済とHに書き下ろしを頼むためにONEOR8の田村君を口説くために使ったくらい。その時に、大枚3万円くらい使ったものだから、前は幾たびに人のプライバシーの弱いところをつついて楽しんでるマスターも今日は親切。バーボンソーダを3杯飲む間に、日本を代表するバイオリニスト古澤巌と歓談。書いて大丈夫かな?古澤さんは「僕は経済のこと興味有ります」。俺「僕はクラシック音楽が大好きです」。古澤さんからワインのシャトーに遊びにおいでよとお誘い。超光栄。クラシック音楽の話で90分、経済の話で40分くらい盛り上がる。
 実はこのバアは、松尾貴史さんに連れてきてもらったのが最初。テレビ業界人、ラジオや代理店。外務省、弁護士、警察、新劇(民藝系)、クラシック音楽家などが入り乱れる一大文化センターなのだった。新宿ゴールデン街にあまり行かなくなったのだから、時には訪れようかな。


 
image819.gif


ドイツWカップの話で盛り上がったのは大野勢太郎さん。モーニングリポート。飲んでも「おっしゃる通りです」!

image823.gif

image827.gif


杉の子の老夫婦とONEOR8の田村君を口説いたバアカウンター。
スポンサーサイト



コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/34-65621460

 | HOME | 

Calendar

07 « 2020/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks