経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

ミートホープ。

ミートホープ、コムソン、NOVA。それに、マルハ。最近摘発を受けた偽物を作っていた企業ですが、何となく国内産の肉を使ってそんなに安く!と思うのが不思議なんです。別にミートホープの社長が言ってたことを擁護するつもりは全くありませんが、この前も近くのスーパーストアの東急ストアで、とんかつが160円っていう破格値でお惣菜売り場で売られているんですよ。
 最近、生肉に関しては個体番号まで記して売るのが原則と成ったのに、とんかつはどこどこ産の肉っていう表示もない。安すぎるから国内産ではないだろうけどなあと思いつつ、買う前にお店の人にきいたら分かるまでに20分くらいかかったんです。アメリカ産の豚肉でした。吉野家みたいにアメリカ産といって欲しいなあと思います。お店の方もネガティブな情報だと思っているんでしょうね。だから書かない。他にあった庄内地鶏の唐揚げなんかは堂々と書いているもんね。でもさ、ネガティブな情報ほど書いてもらいたい。値段と納得して買いたいのは僕だけですかね。
 同じくとんかつチェーンの和幸。ぼくは1000円くらいでおいしいとんかつが頂けるし、何しろみそ汁とキャベツの千切りがお代わり自由というのが大好きで良く通っていたんですが、食材について書いてあるのですが、肉について書いていない。で、きいてみた。どこ産の豚肉ですか?すぐに答えてくれました。アメリカ産です。困った。牛肉だけでなく僕は豚肉も、もはやアメリカ製を信用していないので誤って店を出ました。いや、アメリカ産でもいいんですよ。例えば和幸が特別に契約した農家にこれこれの生育法で育てた安心のアメリカ産豚肉!って説明してくれれば和幸は信用しているから食べます。安いし。でも、それがないと何か食欲がでないんです。
 何か気になりだして冷凍食品を観てみたら、ほとんど書いていない。何も書いていないプラス中国産だったらさらにあれれノレです。アメリカ産の肉を中国野菜とともに調理!何か嫌ですね。
 日本の輸入業者が口でどういっても、中国産のうなぎをアメリカに輸出されたものとどのように違って、どうやってチェックしているか具体的な説明がない。中国側を信用しているってだけだったらどうするんでしょう?誰が責任取るのでしょう。幸い痩せたいということもあり、もう日本産のうなぎしか食いません、値段が倍でも。
 だから、外で蒲焼きも食えなくなった。どこ産と書いていないと。
もう少し食品業界全体のことを書こうと思ったのですが、何か普段の感想みたいな文で終わってしまうのですね。トホホ。

 安心安全な食品を手に入れたいと日本中が思っているし、もしかしたら、それがいま一番の贅沢かもしれませんね。一流と思うスーパーさん。あなたたちは野菜で、どこどこ農家の誰々が作ったレタス!みたいにして売っているけれど、そんな情報欲しいわけではない。特に写真なんか要りませんよ、その人たちがどのように他と生産方法を変えているのか。土壌にどうこだわっているか。農薬は?肥料は?そういったことを表示して欲しいです。
 また、自分たちで作った惣菜くらいは、もう少し丁寧に原材料表示を責任持ってやって欲しいと思います。先述の東急は、本当にそう思いますって店の人は言っていました。これ東急だけでなく、SEIYUもダイエー系も全部そうですよ。紀伊国屋ストアや明治屋といったセレブ用スーパーはどうなんだろ?今度調べてみよう。
 
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/336-832f90f7

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks