経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

何か忙しいのですよ、ドラマも出るし。

2/14
 バレンタインデーなのに、何も良いことが亡かった佐藤治彦です。ふぅ~。ああ、恋愛…したい。痩せたい。毎年こればっかし。
 またまた日記の更新が開いてしまって、ホントに、あれですよね。画像なしでも取りあえず更新することが大切なのに、なあ。で、近況。
 まず、その1。4月から新しいレギュラーのラジオ番組を九州沖縄地区でやることになり、そんでもって、月に一度、福岡に行くことになりました。これが嬉しい。ここに恋の源泉があるかもしれぬ。いや、福岡に行けるのなら、攻めますよ。植松功ってやつが、高校の同級だったんだけど、あっちで弁護士やってるはずなんだけど。あと、今林久弥のふるさとでもあるし。関係ないか。
 中州で遊びたい。長崎行きたい。鹿児島行きたい。五島列島行きたい。屋久島行きたい。いろいろと欲望があるのです。毎月何か攻めようと思っています。
 その2。またまた、テレビドラマの仕事が来ました。去年初めてでたテレビドラマの監督がまた呼んでくれました。そんで、ちょっと忙しかったんだけど、10日は、衣装合わせもしました。僕の演技の不思議感が印象に残っていてとおっしゃってくださり、ほとんど台詞のない役柄でそれはそれでいいのですが、台詞も増やして下さるとのことでした。ま、頑張ります。
 衣装合わせのおかげで行くと言っていた扉座のラブラブラブに行けなくなってしまいました。すいません、お席を用意して下さったのに。
 その3、いろいろと芝居など見ていますね。9日は来日ミュージカル「シカゴ」へ。S席の一番悪いところで見たのですが、後ろの席のA席の一番お得な席に座っている女の子二人の寸評がうるさくて狂いそうになりましたが、今まで3回くらい来日しているこのミュージカルの中では女優がよくそれがレベルの向上につながっておりました。10日はシャルルアズナブールのコンサートなんかに行きました。東京国際フォーラムの5000人以上はいるホールでほとんど2万円の席だと考えると、この82歳の歌手はいったい幾つまで生きたいのかと考えてしまいました。もっと安く若い人に自分の姿を見てもらった方がいいのになと思うのは僕だけでしょうか?というのも、イブモンタンのライブを僕はみたことがあるのですが、今から20年くらい前のものですが、さすがにシャンソン界の巨人であるモンタンのコンサートは新宿厚生年金会館で15000円くらいしたのですが、若者向けの7000円と言う微妙な価格の席も用意したのでありました。僕は普通に買って巨人のライブを楽しんだのです。アンコールで花束をもってステージに駆け寄った時、場が悪かったようで、禁められたこともありました。あと、ジュリエットグレコは大好きで、4月も上手くいったらいこうかなと思っています。
 で、ですね。悪くはないのですが、なんかアズナブールの位置づけが自分の中でできてないからか、いまいち印象が薄く、コンサート後にたまには銀ブラと思い、三越銀座店をぶらぶらし、肉とか買って、店内の築地の寿司「寿司岩」という、何で寿司なのに岩なのかと疑問を思いながらカウンターに座り満腹コース1900円を頼んだところ、赤身なのにこんなに美味いんだと感心するくらい寿司が美味くそちらの印象の方がずーっと強くなってしまったのです。こちら、12カンくらいの1300円くらいのコース~あるのでぜひとも銀座にお越しの節は試してみることをおすすめしまう。ただし、回転寿司ファンの方はお気をつけ下さい。僕は回転寿司って高いと思っているんです。コストパフォーマンスで考えるとね。で、まともな人は後悔しますよ.ここに行くと。自分の寿司人生を。11日なんかは一日中演劇漬けになりました。
 それから、松尾貴史さんの地獄八景も見ました。驚愕のすごさ。エンタティメント。何か新しいとかそういうのとは違うのかもしれないが、とにかくスゴい。究極。もう一度みたいくらい。
 ただし、チケ代6300円。ちょい高いかな。
その4。実は唄を習い始めました。20代は武藏野音楽大学の声楽家の偉い先生にならったり、30代は、ちょこっとだけ深沢敦さんに習ったりでしたが、今回のI先生は日本のトップクラスのミュージカルの声楽指導をしているだけあって、スゴく上に引き上げてくれます。みっちり30分間の肉錬をしたあとの1時間のレッスンで90分も見てくれるのが有りがたくて。青山にレッスンに行くのを楽しみにしています。
 その他、14日は下妻に講演に行ったり、テレビの仕事や、雑誌の仕事や、いろいろとやりつつ毎日を生きています。明日はきちんと書くね。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/283-0dddbd41

 | HOME | 

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks