経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

この1週間のこと

1/13
 先週は芝居で掘りだしもの。今宵はオペラで掘り出し物。イタリアのベルガモドニゼッティか劇場来日公演「アンナボレーナ」。演目が珍しいことと、入っている都民劇場音楽サークルでチケットが送られて来たので観に行ったのだが、正直全く期待していなかった。上野文化会館へ行くのだが、何か家の中に忘れ物したり、カギをどこかにやったりで何か全然生活が乱れている。そんなこんなで30分もウロウロやっていたので、ぎりぎりで到着。イタリアのオペラハウスの来日公演は、超一流以外は3流演奏ばかりで辟易していたのだ。が、日本では25年ぶりに上演される「アンナボレーナ」。これを聞き逃して25年後となると、行きていない可能性だってあるから聞いとこという感じでいったのだ。マジに。そしたら、これが大掘り出し物。10000円の福袋に5万円分入っていた感じ。それも自分の欲しかったものばかりが!
 熱く唸るこぶしのきいたオケ。とにかく声の素晴らしさを全面に出した演出と、それに乗っかった知性はないもののとにかくオペラは歌手のもの!みたいな態度で唄う絶唱する歌手陣。挑発されてコーラスも頑張った。美術は金がないのか、ほとんど何もないのだけれど、金だけでなくアイデアもなかった。やっつけ仕事の典型みたいなもの。それは、寂しい限りだったけれど、金もなくアイデアもなく適度に失敗するとああなるなという舞台でして。
 でも、こんなに強引な声の饗宴をきかされると結構嬉しい。驚いたのだ。唄いたい。帰り、無くなった上野松竹のビルの上が、馬鹿でかい囲碁センターであることに初めて気がついた。道路から眺めると1組しかやってなかったけど。30年以上この劇場に通って、年に何回も通る路なのに初めて気がついた。
image080.jpg

で泳いだ。


1/14
 石上がやってくる。経済とHのメンバーいろいろと話して、石上の写真を撮る。半年前も取ったのだが、顔がスゴく変わった。大人になった。俺は石上はきっとボンボン育ちだと思っていたら、結構違って、芸能人的には成功する環境の人だなと思った。性格が強く頑張るし、素直な上に花もあるので売れるだろう。


 1/15
 まったくスゴい演奏だった。サントリーホールにイーヴォボゴレリッチの演奏会に行く。この人の演奏はもう何回目だろう。僕は最近クラシックの演奏会に行く回数が減ったのだが、その最大の理由はききたいアーチストがことごとく死んでしまって、何か小粒なヘンテコなのばかりになったから。そんな中で、イーヴォはアルゲリッチをして天才とデビュー前から言わしめた人である。そして、その演奏はことごとく自分の世界を作る。決して今までの演奏史を無視しているわけではなく、それを土台に壊すのだ。スゲー。ショパンの2番のソナタなどは手あかがつくほど素晴らしい演奏をきいてきたし、イーヴォの生演奏も聴いたことがあるけれど、自分の演奏も否定し先にいくのだ。僕は今でも何かあると、彼のラベルとか、そして、あのスカルラッティのアルバムとか効くのだけれど、もう50歳。20年以上前に初めてその顔をみたときは、何かアイドルみたいだったんですよ。それが、精神的にも追いつめられ、21世紀になってしばらく休んでいたと思ったら、こんなおじさんになって帰って来た。しかし、その演奏は孤高でみずみずしい。そして、イーヴォがまだ演奏していない世界は山ほどある。これからもきき続けたい。
 現存するピアニストで、僕が本当にききたいのは、この人と、ピリスと、ブレンデルと、内田と、ポリーニ。あと、キーシンくらいかな。演奏が終わったのは21時50分。疲れた。でも泳いだ。むしろ気分よく泳いだ。
image076.jpg

 今のイーヴォ。

image078.jpg

デビュー当時のイーヴォ。
 昼間ピアノ弾きながら唄う。

 1/16
 ラジオ、テレビ朝日の人と打ち合わせ。泳ぐ。

 1/17
 ラジオ、雑誌の取材(不二屋問題)夜は落合に来てもらってチケットデザイン、パソコンのこと。終わって、ぼちぼちでお好み焼き。美味い。BarPOND でスコッチ。三茶は安いなあ。

 1/18
 ホームページにリニューアル。芝居見損なう。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/278-3ee87a2f

 | HOME | 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks