経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

南アフリカの動物たち!と旅の仲間たち?

南アフリカは差別の国というイメージばかりだけれど、自然の宝庫。
アザラシ島にペンギンビーチ
image1909.gif

image1965.gif

喜望峰ですよ!
image1961.gif

image1917.gif

南アフリカの木?バオバブ。

ま、参加した人は変な人ばかりだった。
一人参加も多く。自分は世界的な名医であり、さまざまな国で贅沢な旅行をしてきたと言い張る医者80歳くらい。すべてにクレームをつけ顰蹙をかう。普段は大先生かもしれないが、旅行中には通じませんよ。最初の2日間くらいはみんな年上だと大切にしていたけれどね。あと、案外ケチだったのと、動物に全くといって興味をもたないので、驚いた。聞いたら、バスコダガマの着た場所をこの目で見たかったとのこと。ボートサファリの時にボートが揺れる。もう飽きたと大変だった。
 銀座でコーヒーショップを南限も潰した人とか、悪いこともそこそこやってきた60前後の建設業者夫婦?。コーヒーショップの伯父さん、プロのアフリカンダンスを見学いる時に、ひょっとこ踊りで飛び入りして国際交流を計っていると思ったのには驚いた。あげくの果てに、手ぬぐいあげていた。
 親子3人組も変りものだった。僕は見たら何となくどういう業種に勤めているのかは分かるのが、姉のディストリビューションビジネス会社勤務は分からなかった。妹の消費者金融に勤める方は見抜いたんだけど。二人娘は親孝行でありました。母親は苦労してきた感じのする中村メイコさんみたいな人。この女性たちに交じっていつもワインを注文していたよ。
 ワインと言えば、こちらのぶどうの種類にネスタージュとかいうのがあって、ま、カベルネに近いんだけど、もう少し繊細な感じがして面白かったので4本もかいました。
 鬼のような女性参加者もいて、初老の男性参加者に取り入っていた?良く分かんない。その気持ち。僕がちょい冷たくすると旅の間中目の敵にされた。面白かった。
 まともな人は、大流通の取締役をやっていた人かな。あの人はまともだった。退職してNPOやってるってのもまともな人生の送り方だなと思った。
 とにかくちょっと金持ってる人と、見栄はって参加した人たちが、時おり語る自慢話のトレーディングゲームみたいな対抗戦がスリリングで面白かった。サファリもバスの中も戦いがあったのだ。退屈せずにすみました。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fannylife.blog43.fc2.com/tb.php/249-94f4b61b

 | HOME | 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks