経済、市場、金融、政治、芸能、旅行、外食、映画、商品に至るまで、言いたいことを書きまくる。連日更新。古いのも時おり更新、チェックら!but 激しさを増す演劇活動はリンクから「経済とH」へGO。

赤福とNOVA

今回の件、みんな怒っているが、ちょっと冷静に考えれば予想はついていたのではないか。
赤福。言わずと知れた美味い菓子であります。かく言う私も中京圏の旅行の土産には赤福を何十年も重宝して参りました。先日の9月の名古屋での講演会も日帰りではあるというものの買った。午後8時頃に名古屋を発つのであるが買った。赤福を贈ったら、もしくは差し入れたら喜ばれるのが分かっておりましたので。しかし、赤福は翌日までが賞味期限という商品に関わらず、毎日夜遅くでも売り切れない。山ほど在庫がある。売切らないし、値引き販売もしない。必死に売ってもいない。
 名古屋じゃ、駅の各売店、高島屋などのデパートの地下初め何十カ所に何十箱も在庫がある。おかしくないか?そう思った人は僕だけだったのだろうか?名古屋の三河商人が山ほどの餅をそのまま捨てること、毎日何万箱の赤福をすてることを見過ごすわけがない。
 少なくともポスシステムの導入などで無駄な商品を作らない工夫をしていなくちゃおかしい。何もない。需給に関するシステムが何もないのだ。こりゃ何か起きてるなと思っていたのだ。

 NOVAもそう。あの大量のテレビコマーシャル。電車内での交通広告。どれだけ金使ってんだよ。そして、あの価格。何とかカフェで何時間でもフリートークも楽しめるんだよね。3人までの授業が下手すると40分くらいで1200円くらいで受けられるんだよね。講師の時給が2000円としても成立するわけがない。だいたい、講師は人間。在庫のたぐいでない。だから、無駄をゼロにする効率的な使い方などはできないものです。どこかにひずみがきている。それは、数十万円の前払い制度によるキャッシュフローをとにかく確保することによって成立する自転車操業システムですな。そして、生徒が契約した授業を途中で放棄してくれること。
 最後まで使い切ることなんかないから、結局は単価も高くなるという具合。何かおかしいと思わないとダメですよ。

 亀田兄弟もあのまま行けるわけがなかった。いつか破綻が来る。それが来た。今日の会見は良かった。今までやった醜いパフォーマンスを帳消しにしてくれるようなメディアの執拗な質問と攻撃。考えてみれば高校もまともに出ていない、やっと20歳になったばかりの青年のことなのだ。今日のことで今までの醜いパフォーマンスのことは許したい。何しろテレビが新聞がヤンキーの究極を求めたのだ。若者はそれに乗っかっただけだ。その時は終わった。そして、これからこの若者の本当の挑戦が始まるのだ。ヤンキーからボクサーへ。これからの亀田兄弟の試合は、本当に楽しみだ。どうかメディアの皆さん、若者をつぶすような煽りとバッシングは辞めてくださいね。あの人たちは人間なんですから。
 
スポンサーサイト

 | HOME |  »

Calendar

09 « 2007/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Appendix

佐藤治彦 Haruhiko SATO

Author:佐藤治彦 Haruhiko SATO

さとうはるひこ Haruhiko SATO
経済評論家+α
詳しいプロフィールはこのブログのカテゴリーからプロフィールを選んでごらん下さい。経済や金融を中心に90年代初頭から活動してきました。40代初めにセミリタイアし今は本当にやりたい仕事だけを選んでやっています。また、演劇活動にも力を入れました。台本書きや俳優としての仕事などもお待ちしています。
 仕事の依頼
 佐藤治彦に対する仕事の依頼は、佐藤治彦まで直接ご連絡頂ければ対応いたします。連絡方法は、Facebookの佐藤治彦個人のページからメールで送って頂くのが一番だと思います。もしくは、Twitterを通して連絡を頂ければこちらから連絡します。
 また、マネージャーなどが入った方がいい場合やなかなか連絡が取れない時などは、CAST+ キャスト+ 東京都港区赤坂 6-4-19-5F 電話03-3589-8011(担当田嶋)までご連絡いただいても構いません。ただし、予算が限られている時には直接僕に連絡下さった方がいいと思います。



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks